とある事務方の備忘録

いち事務方の「私はこう考える」ブログ

紙の文化

月曜、火曜と入管法関係を追いながらも、昨週より少しペースダウンした日々でした。

 

…それにしても、法◯省さんはちょっと説明が下手というか、当事者意識が薄いのかなあと、ついつい感じてしまいます。

それではダメでしょうよ、審議官殿。

 

昨日は年賀状の関係で、夜に大学同期の友人らとグループLINE。

 

メール等の普及で年賀状文化も薄まりつつありますが、強要もなく自発的に楽しみ合える人がいる限り、続いて欲しいものです。

1枚のハガキにどう自筆で感謝等思いを込めるのか、考えると中々面白いものですよ。

 

さり気なく、うち2人からは第二子が誕生した/今度生まれる、というおめでたい話題も。

ここですかさず第二子の名前を考えてあげようと大喜利になる辺りが、私達らしいというか、同期のノリの良さですね(笑)

 

火曜は少しばかし、マナーというものを考えた1日でした。

 

会議が始まる前に多少の傍聴席を確保するのは構わないのですが…

ただですら席が少ない会議で「◯◯」と所属名を書いた紙や付箋を大量に貼って場所取りするのは、早い者勝ちとはいえ如何かと。

 

1枚付箋が落ちた席に座っていた方が、付箋の貼り主に「そこ、席取っていたんですが…」と退かされるシーンも発生。

貼り主は知人の知人ですが、「酷いよね、座りたかったら早く来れば良いのにね」と全く悪びれる様子がなかったのも、何ともすっきりしないものがありました。

 

緩んだ顔で寝ていたり、スマホをいじるばかりなら、真面目に会議を聞きに来ている秘書さんや役所の随行者に譲れば良いのに(毒)

 

なお、私は1時間以上立ち見でした。暑くとも眠くならずに聞けましたし、壁際で脚の痛みも抑えられました。

逆にパイプ椅子に長時間座るのも腰に来ます。最長は3時間半位でしょうか…あの時はサロンパスに大変お世話になりました。

 

すっかり年末ムードですが、色々と気が抜けぬ話題もあります。入管法しかり、沖縄しかり、野党側の動きしかり。

引き続き、緊張感を持って行きましょう。

Adagio

昨日は全プライベート内容にしたかったので掲載しなかったのですが、荒磯(ありそ)遊歩道にはこんな看板も。

f:id:aMikadoOnUSA:20181216172903j:image

取り得、密漁の罰金を払っても利益が出る事を防ぐため、此度の漁業法改正では悪質な密漁の罰金額が最高3000万まで引き上げられました。

真っ当に生きていればご縁はないと思われますが、ご承知置き下さいませ。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

今日は、友人と金沢をぶらり。

 

メジャーな観光地も良いですが、2回目以上の観光ならば、ちょっと脇道に逸れたスポットを見たいかなと、細道を。

f:id:aMikadoOnUSA:20181216173324j:image

f:id:aMikadoOnUSA:20181216173340j:image

昔ながらのベンガラの色合い、芸妓さんが練習する音なども見られ/聞こえました。

近場で本場北陸の寿司も。大トロを使ったネギトロや迷い鰹のトロ等、貴重な食体験でした。

 

新幹線までは友人宅にて、オススメの日本酒やウイスキー等を飲み比べ。

平政の刺身と良く合いました。それにしても、わが国の酒でも山崎と竹鶴では全く違うと知り驚いたものです。

 

友人に送り出され、ただ今北陸新幹線で金沢→関東の最中です。

「得難きは時、逢い難きは友」…お互いに色々ライフステージは変わっていくのでしょうが、黒髪が白髪になっても友情を大切にしたいものです。

 

再び昨日の話ですが、北陸新幹線敦賀延伸の話も期待が高まっており、福井駅には「4年後の私へ」というタイムカプセル企画も。

私も、勝手ながら1枚書かせていただきました。4年後に我が身がどうなっているかは分かりませんが、お墓参りも同行者を連れていきたいものです。

 

ともあれ、北陸はやはり時間の流れが緩やかであり、終始リラックスが出来ました。

友人とも話しましたが、これが地方の魅力ですね…ただ時々、ゆっくり過ぎても困る人もいますが(笑)

 

平成30年もあと2週間。最後までしっかり勤めましょう。

海に還る日

今日は昨年(http://toarujimukata-s.hatenablog.jp/entry/2017/12/16/220800)に続き、北陸のお墓参りに。

 

年に1回のお墓参りということもあり、檀那寺にご挨拶に行った際は今年2月の豪雪、国道8号が大渋滞だった際の話に。

2m雪が積もり、お寺さんも屋根が潰れないかヒヤヒヤしたそうですが、昨年秋の台風で屋根を持って行かれた程ではなかったと。

 

お墓にも無事線香を上げることが出来ました。少しタワシで磨いたらタワシの毛が抜けて大変でしたが…

先日ある方面から、お墓は環境に宜しくないという研究があると聞きましたが…遺された者に手を合わせる場所と時間は、赦されてほしいものです。

 

お昼は、祖父母とよく入った蕎麦屋に。

f:id:aMikadoOnUSA:20181215173302j:image

越前そばを堪能し、近隣で買い物し…祖父母邸の跡地も見ることが出来ました。

また、来年も五体満足に挨拶に来られるよう、前進した姿を見せられるよう、引き続き研鑽をして参ります。

 

折角北陸に来たので、えちぜん鉄道三国港駅から東尋坊を目指すことに。

f:id:aMikadoOnUSA:20181215200152j:image

言わずもがなですが、ドラマ撮影でも自◯目的でもありません。私の20年以上昔の思い出からつい行きたくなりました。

 

道中、「不破酒店」さんのあるポスターが気になり店内に。買い物ついでにおば様と少し会話も。

細い道だけど昔は商店街があり賑やかだった。でも丘の上に団地が出来て少しずつ人が減り、今はストックを置かず注文が来たらお酒を取り寄せる風になった、と…観光で万人が栄える訳ではないと思い知らされたエピソードです。

 

東尋坊方面に引き続き歩くと、荒磯(ありそ)遊歩道という看板が。

f:id:aMikadoOnUSA:20181215174441j:image

f:id:aMikadoOnUSA:20181215174501j:image

人ひとり居ない道でしたが、おかげで考え事をしながらゆっくり歩けたり。

10分程したら東尋坊に到着。沢山の観光客が、岩場にビビりつつも記念撮影等を楽しんでいました。

f:id:aMikadoOnUSA:20181215174711j:image

f:id:aMikadoOnUSA:20181215174913j:image

安易な発想ですが、某有名ギャグがついつい頭に浮かびました。東尋坊で押した場合は死人が出ます。

f:id:aMikadoOnUSA:20181215174930j:image

写真を撮っていたら既に電池残量が赤になり、困っている所に「岩場カフェ」という雰囲気の良いカフェが。

名前の既視感は否めない所ですが、充電可に加えて店員さんも明るく、ホッとひと休みが出来ました。有難い話です。

 

遥か昔の記憶ですが…今一度東尋坊に来ることが出来、充実した1日でした。

思い出を、己のルーツを胸に、これからも大切な人の為、物の為、精進して行きましょう。

おおぞらに戦う

またまた雑感ですが、少し政治色強め。

 

某党は「戦」の字が嫌いなのか、広報誌やHPも「たたかう」「たたかい」という表記を、よくお見かけします。

不謹慎ながら、「何かドラクエみたい」と思うこの頃です。

 

前日記は統一地方選と先輩方でしたので、この日記は知事選のお話を。

私の政府与党寄り目線は、ご容赦願います。

 

佐賀県知事選は何なく山口知事でしょうか。

自民は推薦ですが、1期目の際の分裂戦に加え山口知事が大学同期だからか野党側の大串議員寄りで、中々関係が複雑と聞いています。

 

北海道の高橋知事は、参議院への転身を表明。伊達議長に代わる顔として良い方ではないかと勝手ながら思います。

他方で、大変なのは後任。若き鈴木夕張市長に是非頑張っていただきたいですが、ただですら民主系が強い地域です。苦戦は必至かと。

 

山梨は紆余曲折あり、民主系の後藤知事に挑む自民は長崎前議員になりました。

民主系の強い地域に加え、農協系が知事寄り、元みんなの米長元議員も出て票が割れるため、勝ち目は薄いと…

いや、大学の先輩の長崎先生には是非頑張っていただきたいですが…ある諸事情からも。

 

群馬は、山本一太先生が逆に参議院→知事選に転身。発信力のある山本先生を失うのは、国政自民にはかなり痛いダメージかと。

昔から保守王国、自民内部で対立ある地域ですが、直滑降ブログを見る限り、中曽根系の大澤知事派に嫌気がさしたみたいですね。

 

私がまだ中高生の頃、討論番組によく出る若手議員として一番最初に顔を覚えたのが山本先生でした。

人一倍の行動力と政策立案能力に事務方泣かせだというのは、また後々知りましたが…永田町は寂しくなりますが、星野源似の不老知事には是非群馬改革に頑張っていただきたいかと。

 

群馬の南、埼玉県も知事選が近付いています。

多選自粛を訴えたお方が多選するというネタはさておき、私個人としてはあまり好きではない方です。

 

新しい教育プラン?を打ち出したと以前県庁の方に聞きましたが、現場は末弟を見る限り私の時代より悪化しているように思えます。

教育施策の責任が全て知事とは申し上げませんが、通知表大好き埼玉県を変える気がないからそろそろご退場いただいた方が宜しいのかと。

 

ちょっとした長旅もあり、あれこれ自由に書き連ねてしまいました。

次は完全オフの話で。それでは。

チャガタイ

雑感など。

 

先日ある記事にて「嬉しい悲鳴」という表現を見かけて違和感を感じたり。

意味は「それ自体は嬉しい反面、忙しくなる等の負担を伴う出来事」という立派な日本語ですが、やはり「嬉」と「悲」という相反する字が併存する故でしょうか。

 

低温火傷」のように低温⇆火の科学的な相反関係では違和感ないのですが、「嬉」と「悲」だと感情的だからでしょうか。

こういったしょうもないことをあれこれ考えることが出来るあたり、わが国はまだ平和なのでしょうね(笑)

 

さてさて。

統一地方選に向けて各党各地で候補者の選定が進む中、秘書界隈の先輩方もそれぞれ公認を受けて、ご地元で準備されています。

 

ある方は福岡。お仕えしていた議員に似たのかガッツのある方で、辻立ちの様子をフェイスブックから拝見しております。

ある方は高知。オーディオ機器に詳しい先輩は春にご地元に戻られ、高知から日本を支えようと一身に活動されています。

 

そして、埼玉。

政策担当秘書会で多々ご指導いただいた先輩に公認のニュースが。政策能力は言わずもがな、温和なお人柄もあって兄貴分として慕っている方が、いよいよ出陣となり嬉しい話です。

 

先輩方のご健勝を心からお祈り申し上げると共に、土日辺りはカラス=ウグイス嬢の男ver.等、お力になれればと思います。

 

そういえば最近、外務省の友人と話した際に「◯◯も政策担当秘書になったらどう?」と有難い言葉を貰いました。

贔屓目というか友人補正のお世辞であっても、非常に嬉しいものです。

 

まだまだ事務方歴が短いので、雑巾掛けしつつ知識も経験も積んでいきたいですね。

メンタル面、人間性も先輩方に比べれば、発展途上と言わざるを得ません。精進ですね。

 

かつて世界を席巻したモンゴル帝国、その始祖のひとりにチャガタイという人物がいます。

チャガタイは一本気な性格+沸点が低めだった故に、「和」を重んじるリーダーにはなれなかったものの、人一倍法を重んじ、自他に厳しい一生懸命な御仁だったとか。

 

…頑固にならず、寛容さと一生懸命さの良い所を、それぞれ大切にしていきましょう。

ハウス!

ハウスというと、想像する物は人それぞれ違うかもしれません。

バーモントやククレカレーで有名な会社しかり、犬小屋に戻らせる犬のしつけしかり…

 

私は国会周りにいるものですから「院」を思い浮かべます。衆は「House of Representatives」参は「House of Councilors」。

院全体で何かする際「ハウスとして◯◯する」という表現を使うことも。側から見たらハウスって何や?と思われるかもしれませんが。

 

さてさて、火曜水曜はさる事情で、住宅政策について調べていました。

 

社会学者の先生方の研究を見ていると、家族単位から個人単位に支援をシフトしてはどうか、シェアハウスを地方創生の切り札に使えないか等、面白い主張を拝見しました。

そもそもマイホーム信仰も、単なる不動産関係の経済政策ではなく、国民生活の安定性を高め暴動を防ぐ狙いから来た…というのも興味深いですね。

 

マイホーム取得については、「貸与型奨学金を受けていた学生は負担から、結婚やマイホーム購入等のライフステージの移行が遅い」という研究も発表されたようです。

衣食住と職業に困っていないから実感がありませんが、我が身が安定していなければ他人事ではないのかもしれません…恩人との、巡り会いに感謝を忘れずに。

 

コツコツ貯金を住に使うかは、今後の展開次第ですが…

夢のマイホームで城を構えるか、都会的にマンションの一室で家庭を築くかは、多々相談して決めていきたいものです。

 

そんな日記を書いたゾロ目の12/12が賃貸契約の更新日でした。

冷たかった部屋もすっかり生活感が出た一室になりました。チリを払って整理整頓し、友人・知人を招ける場を維持していきましょうか。

光陰矢の如し

12/10で、第197回国会も閉会を迎えました。

 

色んな閣法や議員立法が成立しましたが、一番思い入れあるのは、70年ぶりの大改正を迎えた漁業法でしょうか。

漁業に携わる皆様に感謝しながら、美味しい魚を食べたくなるキッカケにもなりました。資源管理と参入推進のベクトルが、わが国の漁業の再興に繋がれば幸いです。

 

節目に差し掛かり、ある大事な選択をした方も何名かいらっしゃいました。選択を尊重しなければ、喜ばねばならないのは頭では分かっていますが…

本音は寂しいという感情は許されて欲しいものです。これは別途、僭越ながら思いをまとめさせて下さい。

 

それにしても、会期は48日間と聞いた時は長く感じましたが、実際はあっという間に過ぎ去るものですね。

達成感も、悔しさも入り混じりますが、まずは「お疲れ様でした」。年末はややペースダウンというか、英気を養いましょう。

 

あっという間と言えば、高校時代によくお世話になったラーメン屋が12/10に閉店するという話を、つい先日耳に。

高校時代から10年以上経ち、いつかはこんな日も来るのかなとは思えど、少しばかし早すぎるというのが正直な感想です。

 

流石に最後は顔を出したいと、永田町→大手町→千駄木と乗り継いで寄り道を。

20時半の閉店時間には何とか間に合いました。

f:id:aMikadoOnUSA:20181211020355j:image

育ち盛りの若者が多々注文し、私が注文する頃には麺がチャンポン麺に。太いし全然絡まない(泣)

それでもスープは変わらず。懐かしい味です。

 

退店前に親父さんとお話も出来ました。開成高OBでよく土曜は屯してましたと話すと、贔屓にしてくれて有難うと。

最後の一杯も、ご馳走様でした。こちらこそ、有難うございました。

 

夜の炭水化物だったので、特茶を片手に本駒込まで散歩していましたが…

これからは、こうした別れを大切な店以外にも、大切な人や物との別れにも耐えねばならないのだなあ…と。

 

とはいえ、項垂れてばかりではいけません。

別れがあれば出会いもある。一番大切な人や、大切な物の為に、前を向いてゆきます。

日曜はTOEICを受けた後、友人と食事に。

 

TOEICは隣席の方が試験終了後も筆を置かず、30秒以上も③を塗り絵=時間が足りずにマークシートを勘で塗り潰す様子を目撃。

うーん…塗り絵の是非に関してはさておき…

 

他者の得点の高低は影響しない試験ですが、件のスコアに負けて/騙されて就職・転職・留学で損する人/企業がいるかもしれません。

1個2個ならさておき、20個も③を塗れば20点位は伸びてしまいます。そう考えると見逃す訳にはいかないかなと。

 

とはいえ、多くの方の前で個人を晒し者にするのも気が引けるので、人がはけた所で監督者に報告しておきました。

私もバイト時代に試験監督しましたが、やはりワンオペの試験監督で不正を防ぐのはなかなか難しい、と思い知らされる事例でした。

 

友人との食事は、7/23に行った贔屓のとんかつ屋に。

 

親父さん女将さんに果物の差し入れをしたら、早速剥いてくれたり、おみやをいただいたりとサービス精神旺盛。

特上ロースカツは変わらず美味しい。サクサク感は家庭やスーパーのお惣菜では真似できないですね。

 

「寛容と忍耐」というスローガンを掲げていても、年末が近付くとソワソワというか、色々気にはなるものです。

されど、友人の話を聞いて私もあまり焦らず、ゆっくり丁寧に、待つべき時は待とうかなと。

 

今日は時間あらざ、帰りがけに寄りたいある店に寄ろうかと。

政治ネタは、また次の日記にて。

ひといき

最大の山場である木・金曜の攻防戦の疲れで、ついつい寝過ぎてしまう土曜でした。

金曜は、流石に24時を回ってしまいましたね…始発以降で帰った方、案外少なくないかと。

 

歯医者も、なんとか午前を午後に。

キャンセル枠狙いで待っていたら運良く空きが発生しました…危うく2週間後になるところで(泣)

 

ほかに、郵便物の受け取り等を。

 

買い足したオーダーシャツが到着。

お堅い仕事ですが、全て白はつまらないかと、グレーのシャツを数枚混ぜてみました。上手く着こなしたいものですね。

 

宅建も合格証書がやって来ました。

一昨年は転職、昨年は選挙でいずれも不戦敗でしたが、ようやく。

f:id:aMikadoOnUSA:20181209041029j:image

民法分野は行政書士より簡単ですが、法令上の制限関係等はお初の分野であり、なかなか勉強になりました。

まだまだ、色々勉強していきたいですね。

 

ペーパーレス推進に新しいタブレットも。

出費額は大きいですが、今後長く使えることを考えたら、必要経費なのかと。

 

…昨今の法律や、知事選など色々話したいネタは多々ありますが、また今度に。

一回夜更かしというか深夜の作業があると体内時計も崩れるものです。しっかり治しましょうか。

Homer

疲れが中々抜けない火曜水曜でした。

暖かさもあり、昼や夕方に船をこぐ=居眠りをしてしまったり。まだ平穏という証です(笑)

 

「猿も木から落ちる」「弘法も筆の誤り」等、わが国には名人でも失敗する諺シリーズがありますが、英語にも「ホメロスの居眠り」という諺があります。

ギリシャの大詩人ですら「居眠りして書いたのか?」と言われる駄作がある。わが国に比べて少しシニカルなのが面白いですね。

 

さてさて。

ホメロスからかなり強引な流れになりますが、ある方/ある物を褒めろと言われてどう褒めるか?でひたすら頭を捻った両日でした。

 

あまり淡白でも本心を疑われて宜しくなく、かといってべた褒めするのも嫌味たらしい。

この程良いバランスを言葉で表現するのが事務方の腕の見せ所なのですが…実力不足、至らぬ身だと痛感するばかりです。

 

仕事もプライベートも、人の良い所を見つけ、かつ適切な褒め方をすることが重要。

悪い所を見つけてあげつらうのは安易なこと。引き続き、器を磨いてまいります。

 

仕事の合間にニュースを見ていると、色々日記を書きたい話題が多々あるのですが…

時事ネタに食いついてばかりというのも安易かもしれません。

 

ひとまず元埼玉県民としては、鉄道各社のカタカナ語を使いたがるセンスの無さがみっともない、とだけコメントを。

いやいや、アーバンパークラインという黒歴史がある身としては、JRや東京メトロには猛省と再考を促したいものです。

 

明日明後日が正念場です。

今日は、早めに身体を休めましょうか。