とある事務方の備忘録

いち事務方の「私はこう考える」ブログ

怪物

冬クールも終わりましたが、今更ながら城平京さん原作の『虚構推理』シリーズのアニメを消化し終えました。

城平京さんは『スパイラル 〜推理の絆〜』『スパイラル・アライヴ』等、少年時代から好きな推理作家・原作者です。

 

この中に出てくる「想像力の怪物」という言葉を、ふと思い出す話がありました。

 

布マスクの件についての私見は先日の通りなのですが…

天下り先の日本郵政への援助」「麻生大臣への利益給与」という斜め上の話が出てくる辺り、人間の想像力は予想以上です。

※後者については https://www.mof.go.jp/national_property/list/stocks/kabushiki/index.htm や、古田拓也さんの解説をご参考に。

 

タイミングの悪さ、広報戦略ミス、言葉のセンスは正直宜しくない点もありますし、私も多様な意見・価値観を尊重したいところですが…

こうした虚構がSNSで拡散共有して、文字通りの「想像力の怪物」を作り上げてしまうのは、事態が事態です、避けたいものですね。

 

前回日記に書いた休業要請の線引き如何?という話もいくらか進展がありました。

理美容についてはTV入りの質疑で取り上げられた+担当大臣の会見を見るに、「感染対策をしながら営業」に落ち着くのかな…と読んでいます。

 

美容師さんに連絡したら「休業の可能性も覚悟してますし、営業可でも引き続き換気・消毒を徹底していきますよ」と、力強い言葉も。

お互い身体に気を付けつつ、また来月に会う時は、明るい話題を何か振れるようにしたいものです。

※整体に関しても現時点では不明ですが、「ひとまず時短営業になりました」と店長さんから電話連絡がありました。

 

色々、気疲れがないとは言いませんが…対策の最前線にいる友人知人、また影響が直撃した友人知人に比べれば、泣き言厳禁というもの。

長い戦いですが…明日からも、気を引き締めて。

苦悩

神経戦もあり、中々頭の痛い月曜でした。

 

宣言については…休業要請の業種=非生活インフラとして名前が上げられると、そこに勤務する友人・知人もいるので、中々悩ましいものです。

バーや娯楽業は仕方ないとしても、整体も非生活インフラとして×なのか、贔屓にしている美容室は埼玉県内ですが、大野知事が果たしてどう要請をするか等も気になるところです。

 

ただ、広報の下手具合や、どこぞの失言をした方を庇う気はありませんが…一番憎むべきは、国や首長ではなく見えない敵。気持ちは分かりますが、そこは見誤らないでほしいものです。

まずは感染拡大を阻止する、その為に人の流れを止める、三密をなくす。そこで生じた損は、しっかり国が補填する、といった方向で…

 

他方で、人の流れを止めるという観点からか、JR等が運行する本数を減らす、という話も。

休業要請で外出する方々が減ることを加味したとしても、むしろ余計な満員電車→三密を生じさせるのではないか?と、ふと思っています。

 

時差出勤、テレワークといった取り組みができる業種もあれば…我々事務方も含めて、職場に決まった時間に行かなければ仕事がスタートしない、という業種も多々あります。

百歩譲って、最初は本数を間引くとしても、「満員電車になって危険だ」という声が大きければ、柔軟に方針を改めて=元通りの本数に増やしてほしいものです。

 

※4/8追記 現時点では「ダイヤ通り運行」の方針のようです。勿論、変更ないか含め注視しますが…

 

色々と悩ましく、お恥ずかしながら、本当に頭痛が出てきました。

少し短めではありますが、ここまでに。

疲れを温める

少し冷えた日曜でした。

身体を温めようと、昼食はカレーうどんを。我が身を振り返ると31アイス同様、数年振りかもしれません。

 

このカレーうどんというメニューも、単にカレーにうどんを入れたものではなく、うどん出汁とカレーを上手くマッチングさせた、中々深い品だったり。

外出自粛要請緩和→経済反転攻勢期には、色々食べ比べてみたいですね。

 

話題を観測していると、やはり昨日の某所の縁日の話をよく見かけた気がします。

自粛願う、三密避けるべし…中で縁日=人を集めてしまう催しというのは、自粛疲れやご高齢の方々の生きがいも分かれど、適切とは考えません。

 

ただ、報道がこれを晒し上げるかのように映すのもどうかな、と思うものです。

苛立った若者が「じゃあ俺達=若者も自粛しない」と動かないだろうか。若者vs高齢者の世代間対立を煽らないだろうか。

 

某所近辺の知人に聞いたところ…お年を召した方を文字通り回り込むように捕まえる→インタビューを申し込むテレビクルーが、見ただけで2団体いたそうで。

報道関係者の知人もいるので「マ◯ゴミ」という言葉を私は使いませんが…映像の暴力、報道の権力はくれぐれも見誤らないでほしいものです。

 

暗い話で終わるのも何なので、後半は先日美容室で髪をカットした折の話を。

 

贔屓の美容師さんから「良かったら美容室のブログに載せていいですか?」と言われて快諾したり。

世の中は持ちつ持たれつ、私で良ければ是非ご活躍ください。

 

美容室ブログを見たところ、昨年に10周年を迎えたという話が。前職の時代から通い始めて早4年になりますが初耳でした、すみません(泣)

開店時のメンバーで一枚、という写真にほっこり。こちらも縁や友情は大事にしたいですね。

 

気疲れが多く、口から出る言葉/文字にする言葉もマイナスに傾きがちですが…怒り・憎しみは余計に疲れが増すもの。

疲れている時こそ温かい感情を大事に、時には大事な方々にもそうした感情を与えられるように…引き続き、研鑽していきます。

アイスを食べながら考える

外出自粛要請中ですが、朝・昼は近場にピロリ菌の呼気検査まで。

f:id:aMikadoOnUSA:20200404130228j:image

いつもお世話になる小さな内科クリニックも、動線を分けたり、マスク・手袋・ポリガウンの徹底等、感染防止対策の取り組みが見受けられました。

 

先の日記の通り、医師・看護師等の医療関係者が、今日までも明日からも感染リスクが最も高い最前線に立ってくれている。

くれぐれも、高い倫理観、使命感への感謝を忘れてはいけませんね。

 

呼気検査は1月のボノサップ服用で一次除菌した効果を測るものですが、判定はまた少し先。

胃腸の健康も大事です。長くなろうともしっかり。

 

クリニックの空き具合もさながら、道中のマツキヨ系ドラッグストアの長蛇の列に驚きました。

開店は10時、私がクリニックに行ったのは朝9時。ラーメン二郎ばりの列を見ると、例の布マスクによる需要抑制策も的外れではない気もします。

 

※再掲になりますが、需要抑制策とセーフティネットの話は別物ではないでしょうかね。「ア◯ノマスク」のネーミングセンスは評価しますが…昨日30万が云々の話が出たのも、この混同→混乱を煽る方々を見て、前倒ししたのかなと拝察します。

※そもそもの話になりますが、流石にトイレットペーパーの買い出しではないと信じたい。

 

配布にかかる「タウンプラス」、日本郵政側が把握する住所に定型サイズの郵便を送るシステムに対し「マスクの厚さが入るなら、現金/小切手を送ればよいのでは」という意見を拝見しました。

お気持ちは分かりますし、私も給付自体はすべきという立場ですが、これには反対です。

 

①本人確認を要する給付→10万超の小切手は確かこうだと思ったのですが、窓口に人が殺到して、換金場所がクラスター化しないか?

②本人確認を要しない給付→殺到するリスクはやり方次第で回避できても、ポストから抜き取り/破壊といった窃盗・付随犯罪が多発するのでは?

 

こんなところでしょうか。①については手挙げ申請方式でも変わらないという話ですが…やはり規模が変わりますので。

②については、即現金が欲しい世帯へのセーフティネットであることを考えると「勤務先がしっかり従業員に渡すだろう」「銀行口座くらいあるだろ」といったホワイトカラー層の前提を疑ってかからねばなりません。

 

この辺りでうだうだ言っていると「指導者/政権がケチだから配らないんだ」という単純化がお好きな方々に口実を与えてしまうので、ある程度は批判を恐れずに即断、即決するのが必要なのでしょうが…

取り返しがつかないマイナス前例を作る恐怖は、その立場に自分が立たないと分からないでしょうね。事務方風情が気安く語るのも。

 

現金支給に口座開設orマイナンバーカード作成を条件付けるのは如何、という実父の意見も、後学の為には一考ではないかと思ったりもします。

「こんな時に!」という集中砲火は間違いなくありますが、IT化された台湾が理想というなら。

 

土曜なのに、非常に政治熱溢れた話になってしまいました。朝は呼気検査の為に、胃を空にしたからでしょうか(泣)

f:id:aMikadoOnUSA:20200404125710j:image

近場にて、束の間の休息+頭を冷やしましょう。

感謝、感謝、感謝

4月が始まりました。今月も宜しくお願い致します。

 

4/1といえばエイプリルフールですが…

この情勢なら病に関する嘘を扱う輩は、多々の牽制ツイートも虚しく、まぁいないとタカを括っていましたが…油断した、世界は広いものですね。

※既に批判が集まっている、ある種サンクション済みの案件なので、個別具体的な話は控えます。

 

つい先日も神風やら痛快やら、物議を醸した方々がいましたが…

大事なのはやはり、他人がどう思うかです。「これはウケること間違いなし」という根拠のない自信はまずハズれます。是非是非、発言前に深呼吸を。

 

医療最前線の友人にシェアしてもらった投稿から、医療関係の話が弾んだ日でした。

布マスクの効能、少なくとも医療最前線はしっかりしたマスク付けろという内容を読了した後に、布マスク配布の話が出てきた時は、何とも妙な縁を感じたりも…

 

再利用可能、洗える布マスク云々の話は、

「感染危険性の高い医療最前線の医師、看護師や、衛生関係に携わる業界に優先的にマスクを回す。

一般の方は感染リスクを避けて、布マスクを洗って再利用しながら少しだけ耐えてくれ。」

という、優先順位付けの話と理解しています。

 

この辺り正直に言ってしまうと、トリアージ無視、常時我が身が至高の方々に絡まれてしまいますが…

かと言って「マスクが不足してるから再利用可能な布マスクを配ります」だけでは、巷のアレルギー反応もあって然りとも。

※日本が配るのは金ではなく布マスク、と現金給付する/しないのセーフティネット問題に結び付けるのは筋違い、単純化が過ぎますが。

 

こうも文系脳風情が今文字で云々語れるのも、反転攻勢時に何するかを考えがちでいられるのも…医療最前線の方々の実力、何より高い倫理観です。

「持ち堪えている」の文字の裏には、そうした方々が逃げないで戦っている現実があることを忘れてはいけません。

 

この情勢を、言葉遊びではなく「見えない感染症とヒトの戦い」だというならば

①危険な任務にあたる方々への特殊手当

②万一生命の問題が生じた際、残されたご家族への補償

等もあって然るべき、と思います。

※それぞれカウンターがどう来るかも想定しています。ただ自衛隊の国防への貢献を感染症に置き換えてイメージすると、①②も決して過剰でないかと。

 

こうも色々考えを巡らせられるのも、同い年ながら医療最前線にいる友人、転職して事務方となるきっかけとなった友人、様々なご縁あってのこと。

 

「感謝、感謝、感謝」

 

…久々にお名前を見たある方に教わった言葉です。三十路になっても、還暦や卒寿になっても、ゆめゆめ忘れることなきよう。

末の松山

志村けんさんの訃報無くして語れぬ日でした。

…いずれ来る日としても、早過ぎるというのが感想でしょうか。

 

私の世代だと、幼少期から白塗りの「バカ殿様」、少し助平でオチのあるコントが印象的でした。

勤め人になってからは土曜の動物番組。人気全盛期のドリフターズを知らぬ世代でも、テレビ点ければ何かの番組で映る位、身近で当たり前の御仁。

 

普段なら別件に対して、「最後の功績という表現は如何なものか」と言うところですが…

最後まで笑いを愛した方です、怒って見送るべきではありませんね…本当にお疲れ様でした。

 

24時を回り、3月もとうとう末日になりました。

「年度末」というワードと共に、私自身にもちょっとした節目が見えてきたり等。

 

昔の自分に似た知人がいることからふと思うのは、「自分を高められるのは自分のみ」ということ。

他人の失敗を批判したり、RT(リツイート)で他人の言説を紹介or或いはそれに一言添えたとしても、自分の評価は上がりません…場合によっては下がりますが(笑)

 

道垣内教授か、肝心の発言主を忘れましたが…「学生は折角勉強するなら、具体的事件とか単純化することばかり求めてはいけないよ」と指導されたことが。

昨今見ていると陰謀論、擁護/批判の言説でも単純で分かりやすい構造の話に流されがちな方々が多いような気もします。実際の話には、色々な背景事情があるのですが…

 

折角、ヒトに生まれたのですから…ニュースの評論家で終わるのではなく、より高みを目指して…

やがては評論される側になるように、腕を磨きたいものです。願望や決意表明ばかりではなく、手足を動かしていきましょう。

 

さて、朝が早いのでこのくらいに。

仏と血

土曜は所用にて茨城県に。

不要不急の外出を控えるようお願いしている中ですから、せめて三密(密閉・密集・密接)を避けようと移動はバイクにしました。

 

途中、牛久市に立ち寄ることに。

よくネットでも見かける、自由の女神より大きい「牛久大仏」へお参りに。

f:id:aMikadoOnUSA:20200329234833j:image

1km以上離れた場所でもこのサイズ、

f:id:aMikadoOnUSA:20200329234951j:image

近くではもちろんこのサイズ。

 

聖武帝の大仏建立ではありませんが…

未だ猛威を振るう見えない敵に対する人々の不安、取り除いて下さいませと、願うばかりです。

 

日曜は、稼働率が下がり困っているという献血に。

「不要不急の外出ではないか」というお尋ねはあるかもしれませんが、献血稼働率低下+元からの予定+3ヶ月ルーチンということで、ご容赦下さい。

f:id:aMikadoOnUSA:20200329235650j:image

いつもより献血の参加者が少ないというのは、待ち時間がほとんどなく献血がスタートした辺りからも感じられました。

看護師さんも繁く巡回→会話したりなど…今の段階では極端に◯型が不足という話はないようですが、今後は分かりません。

 

人もまばら、検温や消毒の徹底などもなされているので、お時間ある方には献血にご協力いただけたら幸いです。

フリードリンクやアイス目当て、漫画目当て、PRの乃木坂46目当てであっても構いません。情けは人の為にならず…ですね。

 

土曜は雹?霰?、日曜は文字通りの降雪と、冷える日が続きました。

皆々様、寒暖差等から風邪をひかれませぬよう。

うつろい

前の日記の件で色々と友人と話したり。

消費行為=プラス/善ではない方もいますし、その点は思い込んではいけないなあと…違う業界からの視点は大事ですね。

 

他方、批判され得る意見が出たこと自体は、かの党における部会=自由討議の重要性を考えると、そう批判されなくても良いのでは。

未だにPCR検査が普及しないのは役所が悪い!指導しろ!と叫ぶ御仁もいるそうですし(笑)

 

いずれにせよ、「防御」の策と「反転攻勢」の策の違いはお偉いさんは分かっていますし、その辺りはご理解を。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

さてさて、3月は別れの季節、というのを実感するエピソードがいくつかありました。

役所勤務の友人知人も福岡に転勤になったり、出先にいた人が本省=霞ヶ関に戻ったり…それぞれ益々のご活躍をお祈り申し上げます。

 

たまに使う国会内のローソンも、この3月でテナントが替わるようです。ひょうきん?なおじさん達が名物だったので、寂しいものですね。

サラダやサンドイッチの軽食を買ったり、シールが溜まりに溜まってリラックマハローキティ/からあげくんの皿等を貰ったり…思い出は尽きないものです。本当にありがとうございました。

 

全く話が変わりますが、週の真ん中辺りから両肩が非常に凝って痛かったり。

四十肩、五十肩という歳でもありませんし、リンパの不調=ウイルス云々でもなく、仕事その他でストレスが溜まるのは前々からの話(笑)

 

バイク移動が多かった、緊張感MAXだったシーンが多かっただけではなく、加齢に伴って見えない変化があるのかもしれません。

明日の整骨もありますが、バスソルト入りの湯船に浸かる+サロンパスを貼る等、今から出来ることをやっていきましょう。

 

変化に抗うのみでなく順応を、ですね。

まふ

「日本のお魚券もらったら何買う?」「私なら越前雲丹ですかね」「私は絶対カニカニ鍋!」「あー、蟹もいいですねぇ」

…今日のお昼に上司とこんな会話を資料の整理中にしていました。断じて遊んでいた訳ではありません(笑)

 

報道の通り、消費促進から「和牛券」「お魚券」が与党から提案されたというニュースが話題です。

ネットの反応は総じて否定的。背景情報を知らずにこの字面だけ見ると、後述の通り人気取り/バ◯と思うのも無理はないかもしれません。

 

ただ、足りない部分をフォローしますと…

①券のネタが提案されたのは「農林部会」「水産部会」という農林/水産関係を扱う政策会議体で、

②それぞれ消費の落ち込み、国内産業への打撃からも国産品消費拡大→産業応援を進めたい立場で、

③農林部会は「和牛券を実現」/水産部会は「日本のお魚券」というアイデアを含む提言案を作り、

政調会長=岸田先生がまとめを行う=党の提言を決める、より上のステージの会議体に提出します、

という事情。大事なのは①④。

 

感染拡大を抑え、収束したら経済活性化させる為の色んなアイデアを、様々な価値観の方が色んな場所で披露したり/されたり、持ち寄っている段階。

昨日も某所の会議で交通整理していましたが、飛び交う意見の中には実現可能性が低いモノもちらほら拝見します。でも皆、決してふざけている訳ではありません。

 

現金給付か?商品券か?キャッシュレス還元率引き上げか?という文脈で見ると、さも高級肉/魚の商品券で釣る人気取りに見えますが…某アイドル風にそんなことないよ、とフォローしておきます。

まあ、報道も不親切ですね。①④の辺りを分かっていてやっていますからねぇ(笑)

 

報道への文句が少し過ぎましたが…

感染拡大抑制のベクトルには反しない中で、消費を通じて国内の農林水産業を応援したい!というのは私も同じ思いです。

 

商品券云々の話がなくともスーパーや街の八百屋、魚屋/肉屋に行って、買い物したいですね…最初に雲丹を挙げておきながら、段々とイクラが食べたくなりました。

f:id:aMikadoOnUSA:20200326232841j:image

農水省も、買い溜め/買い急ぎを控えるよう訴える傍で、このように訴えています。ご検討下さい。

f:id:aMikadoOnUSA:20200326233113j:image

数十年来の乳製品、ヨーグルト大好きっ子として、全面的に応援していますよ。頑張りましょう。

晴れないなぁ

1年程度延期、という話題にまだまだ動揺が隠せない状況です。

 

選手や観客、関係者の安心・安全を考えればやむを得ない…と言っても、被災地の方々や1964大会の記憶を持つ方々、あらゆる形で大会参加を生き甲斐にしてきた方々を思うと、スッキリはしません。

…が、いつまでも現実から目を背け続けていても、何も生まぬこと。働いて、食べて寝て、また気持ちを切り替えて。

 

会議にて交通整理…時にスピード違反や逆走?的なものを含め、飛び交う発言を車の走行に見立てた話ですが、そんな仕事をしていました。

なるほど、そういう意見もあるかと勉強になる部分もあれば、うーんそれはどうかなというものまで…いやいや、意見に多様性があることは大事です。シャンシャンで決まる会議よりは、遥かに有難い。

 

以前よりはすんなり行ったとはいえ、想定した以上に時間を食ったり、精度も完璧と言えなかったり、自身の作業も改善点が。

こちらも引き続き、精進あるのみですね。

 

週末は、予定していた埼玉県内のイベントがひとつキャンセル(集会の自粛)となり、昼から知人らと球技で身体を動かすかな…と考えていたら、

f:id:aMikadoOnUSA:20200326000455j:image

晴れて欲しい時には、なかなか晴れないものです。天気も、人の心も。

いやいや、あくまで天気「予報」なんだと、晴れることに期待しましょう。