とある事務方の備忘録

いち事務方の「私はこう考える」ブログ

Generation

仕事柄、5Gという単語によく触れるこの頃です。

 

GはGenerationのG。第五世代…と説明しても、しっくりこない方が多いかもしれません。つい先日5GHzの接頭辞ギガと間違えていた?という番組もありました。

某所で「5Gって、ドラえもん?」という趣旨がよくわからないCM広告を見ましたが…説明が難しいとはいえ、あまり単純化し過ぎても如何かと。

 

ベクトルとして、大都市圏や郊外に重点的に資源を投入して経済圏を作り上げる方向性と、条件不利な過疎地を高速通信で押し上げる方向性があるだろうと思われます。

私は後者寄りの考えです。当然、基地局整備やら何やら決して楽な道ではありませんが…地方の持つ力が観光等に活かされれば、東京一極集中という日本で最大の歪みが直るのではないか、と。

 

技術系の出身ではないので、つい伝聞+願望になりがちですが…

総務省や技術関係の知人に力を借りつつ、アンテナを張りたい分野ですね。

 

過疎地ならではの悩みという話も、つい先日、率直な意見を伺うチャンスがありました。

田舎道が狭く整備されておらず、救急車が通れないという話がありました。積み込む機器との相談もありますが、軽車両の救急車というのも地方ならば選択肢になるのかもしれません。

 

定年を延ばす…私は少子高齢化の時代、70や75でも良いだろうという考え方なのですが、過疎地では65歳でも若く即戦力だ、あまり都会に縛りつけないでほしい…という意見も。

農業でも確か、若年新規就農者の区切りが50歳未満だったりと、産業や環境によって年齢の見方は様々ですね。凝り固まることがないよう…

 

ほか、地方ならではの年長者/有力者との付き合いの難しさなど、中々都会では見られない話があり、大変勉強になりました。

令和の新時代に何が出来るか、色々考えを巡らせていきましょう。

健康意識

政界にせよ芸能界にせよ、なにかと話題の多いこの頃です。

 

前者、別姓議論を軽視する訳ではなく、余計な危機感を煽る気もありませんが…一番に報道すべきは、春節前の新型肺炎ではないかと思ったりも。

爽やか系の俳優さんの不倫がどうこうより、実態や対策をしっかり伝えていただくことで爽やかな気分になる人、少なくないかもしれません。

 

流行り病と言えば、インフルエンザも終わったわけではありません。あるお偉いさんが倒れ、副長さんが代打で動いている話もあります。

100%大丈夫ではなくも予防接種をすると症状が軽くなる、と呼び掛ける方も。無駄にならない保険だと思いますので、まだの方は是非。

 

別件ですが、週末に胃カメラの検査を受けることにしました。目的は胃がん/ピロリ菌その他など。

病気のように人に移るものではないし、独身三十路の私にはマストの検査でもありませんが…万が一の事態がないかを考えることは、早いに越したことはないと。

 

胃カメラ、体内に物を入れること自体も初ですし、全く気にならないと言えば嘘になりますが…

それ以上に、自分の体調を好調に保ち、能力を更に向上させていきたいものです。

 

体調関連で、横文字の「クリスタルデポジット」という言葉が気になる数日でした。

足裏に溜まった尿酸等の老廃物の塊…というよりも足裏を押すと生じるプチプチ/ゴリゴリ、と言った方が分かりやすいですかね。

 

ついハマってしまい、両足裏を無限プチプチのように毎日マッサージしたりなど。少しばかし、足裏が柔らかくなったかもしれません。

喜ばしくないクリスタルが体内に溜まらないよう、毎日とは言わずとも、気を付けて行かねば。

 

ここまでに。

assume

例年以上に、色々と騒がしい船出となりました。

ともあれやるべき事をしっかりやる、これに尽きるばかりです。

 

最近見かけたまとめで興味深かった内容は、自称・入管勤務経験者がどこの国の方の応対がキツかったか?をランキング方式で発表するという話題。

具体的な国名や内容は伏せますが、1位・2位は予想通りでした。「自称」と付けましたが、その辺りの事情を知らない方とまず挙げられない国なので、恐らくは本当の経験者ではないかと。

 

一方的にあれやこれや言われる入管ですが…かつて他の勤務経験者の方から本音を聞いた身として申し上げれば、

・「船待ち場」に期待し過ぎだ

・「乗船券」を出さない人に文句言わな過ぎだ

・そもそも一方の主張ばかり聞き過ぎだ

とは、少し思ったりもします。最後のは弁護士なら仕方ない面も…あるのかな?

 

昨今見た/体験したトラブルに鑑みても、被害者側に立った方が圧倒的に発言権が強いのは間違いないのですが…被害者=真の弱者とは限らない

私もトラブル回避には色々策を弄するので、「強い被害者」を全否定はしませんが…拡散される方は、ここが本当にイコールなのかよく考えた方が宜しいでしょう、とだけ。

 

もうひとつ反応したのは「1000円カットは身なりを気にしない人が〜」という話題。

切ることだけに特化している=髪引っ張られたりとホスピタリティは△…とかつての利用者として思いはしますが、何事も決め付けは良くない。

 

逆のベクトルですが、ちょうどある方々の鼎談本を読んでいる際に

「◯◯は散髪如きに7000円もかけている。アイツは民と感覚がズレている。」

という記載が…確かに月3000円代の私からしても、やや高めとは思いますが、これもまた△な話。

 

提供さるサービス、セットする美容師さん個人との人間関係、その他次第の事情ではあり得なくもないものと思います。

私の3000も高い、1000すら高い人もいるし、逆の人もいるかもしれない…世は十人十色、いつか回顧をする側になったら、こう決め付けはしたくないものです。

 

はてさて、頭やお腹の痛い課題が多々ありますが、ひと休みして明日からも臨んで行きましょう。

この後、その後

「最後のセンター試験」受験生の皆様、お疲れ様でした。

 

想定外の事態があった方もいらっしゃいましたが、代替措置などで、心残りなく実力が発揮できたらば幸いです。

二次試験がある方は、センターの出来如何を気にするのは分かれども、気持ちを切り替えて。

 

昼から夕方にかけては、JR総研に勤める友人と一年ぶりの再会。

銀座ライオンで肉料理→喫茶ルノアールで紅茶、という洋風生活の一日。大学時代の不摂生な私達とは変わりましたね…(笑)

 

労組関係の仕事の話、辺野古の視察の話、イギリス国内の話、経済面から見た中国の話など、最後まで飽きない数時間でした。

特にイギリスの話、服や靴にやたら食いついてしまいました。ついつい一人旅にはキッカケを求めてしまいますが、ファッションを語るなら本場を見に行きたいですね…

 

確実に微成長する社会は決して続かない…その時に単に厳しい現実を受け止めるのか、その時に備えてスキルや財産を積み重ねるのか。

自分のみならず、家族や大切な方々とどう生き抜くかを少し考えさせられました。今が良ければ良い…と思考停止せずに、手足を動かしていきましょう。

 

ひとつだけ出過ぎたことをいうならば、一部に

「東京オリパラが上手くいくことが至上命題である」

という風潮があるような気もします。もちろん、私も上手くいって欲しいとは思っていますが…

 

その為に言わねばならぬ事を黙る、やらねばならぬ事を我慢する、譲歩が続く…というのはポスト五輪の社会に傷を残すのでは?と心配しています。

何事も、バランスです。事務方の私にできることは限られていますが、熱気にただ浮かれていてはいけないよ、という問題意識は大切に。これからも。

柑・完・寒

冬の風邪予防対策に柑橘類でビタミン摂取…と思い立って早数日、遠く離れた熊本の地からお届け物。

f:id:aMikadoOnUSA:20200118130841j:image

規格外となったデコポン(不知火)が10kg、30個。八百屋やスーパー、Amazonも見たのですが、此度は熊本のメルカリ農家の方から。

本職らしい「熊本柑橘 KUMAMOTO CITRUS」の段ボールにごっそり。いやいや、有難い話です。

 

「農は国の基」…こうやって離れた地域の農家の皆さんも、時には時代に合った方法も使いつつ、文字通り食べて応援していきたいですね。

 

今更ながら、AFP認定研修の修了証書が。

f:id:aMikadoOnUSA:20200117005009j:image

 

これでAFP登録…と言いたいところですが、

①現職は非金融業、名刺にAFP印字の必要性ナシ

②認定証返納など退会時の手間

③入会金・年会費の高さ

から登録はせず、これでAFP関係は完結です。

 

現実よりも単純な条件でしたが、プランニング課題はなかなか面白く、貴重な経験になりました。

今後の自分のライフプランニングを考える上でも、財産形成などに役立ちそうなスキルです。引き続き情報を仕入れていきましょう。

 

昼に東大付近を歩いていたら、「センター試験」の大きな看板が。

非常に寒い一日で、雪が降るという報道も昨日ありました。首都圏は大丈夫そうですが…

 

以前書いた通り、一発勝負は学生に酷だとか批判がありますが…その為に事前練習等、努力することが大事なのであり、ある種上手くいかない部分を含め人生経験としても、大事なのではないかと。

どうあれ、「最後の」という枕詞のとおり来年からルールも変わります…学生の為に本当に良い制度は何か、教育が国家何年の計であっても真摯に考えていただきたいですね。

 

まだ日曜日も、センター試験です。

寒い中の受験になる方が大多数でしょうが、柑橘類等で身体も労わりつつ、春、合格というゴールまで完遂して下さいませ…

だが、甘い。

某団体の変わった組織決定のやり方に、色々と振り回された日でした。

 

反省すべき点は反省せねばと思えど…株主総会や取締役会でOKを出した後に専門委員会を開く、ましてや総会等でOKした事項の大事な部分を専門委員会がこっそり変えてまうというのは、うーん(泣)

普通は株主総会/取締役会に上げるべく、専門委員会が議案の練度を高めるという感覚だったので…手痛い認識違いに、朝から頭痛も。

※とはいえ、「大事な部分」を見た時点でこれで本当に最終版ですか?と裏取りしなかった私も甘いおはなし。気になったらすぐ調べるクセを。

 

国際関係では、MEGXIT騒動は他国のことながら色々と追っ掛けていました。

人種差別があったと主張する擁護派、英王室の権威を軽んじる振る舞いが許せないという批判派…他国民が云々するは如何な話ですが、どちらかと言えば後者にシンパシーを感じます。

 

これを機に、皇籍離脱の話が再燃するかなと思っていたら、早速婚姻賛成派で有名なライターが記事を書いていたので少ししたり顔。

事務方、物事をマイナスから考えがちな私からすると、離脱した数年後に「あの人はいま→洋菓子屋で働いています」と週刊誌ネタにされてしまう可能性がなくならない限り、祝福はできないですねぇ。

※理系の友人らはかなり実害を被った話は聞いていますが、忘れられる権利も微肯定派なので、喩えが誰かは略します。

 

同記事でひとつ気になったのが、「◯◯関係者の言うことは眉唾だ」という主張の数パラ後に、「〜が一番意思が固い」(◯◯関係者)という記述があったこと。これも眉唾なのか?と。

時間経過で主張の変化が生じたならともかく、同じ文章の中で矛盾を生じさせないかは、文章書きならゆめゆめ気を付けなければならないですね…

 

「自分自身の主義・主張に都合よく物事を捉えてしまう」というのは件のライターも、私や大抵の人も反省事項ではないでしょうか。

「人は、道徳的な事をした後自分に甘くなる/反道徳的な事をした後は自分に厳しくなる」という橘玲さんのご指摘も、当たらずとも遠からず…

 

何はともあれ、仕事自体も、プライベートも甘さを感じる日でした。

弱さから目を背けずに、引き続き大切な方々の理想を目指していきましょう。

大学

「今日のオススメはイチゴです!露地栽培で美味いし、なんて言っても今日は15日!」

 

こんな軽やかな「里山ガーデンファーム」のおじ様のセールストークもあり、福島産の大粒のイチゴを昼に買ってみたり。

ひとりで1パックというのは贅沢ですが、たまには良いでしょう。実に美味でございました。

 

イギリスのMEGXIT騒動、それに乗じてぶり返される某結婚話など、色々書きたいネタはありますが…

今日は何かと、「大学」という文字を見かけた日でしたので、ふたつほど。

 

東大の特任准教授の件は、いくら才能があれども、このご時世にリスク管理が甘いと言わざるを得ない話。この処分結果はやむを得ないでしょう、と。

人種ではなくとも、トンデモ差別発言しながら反省なく今日もツイッターされている音楽の人も居ますし…是非、件の方は反省→実力で復活をして欲しいものです。

 

お世辞抜きに、情報分野の若い人材自体は本当に価値があると理解していますので…

処分不当だと反発せず、長期的な目線で考えられたらベターではないでしょうか。

 

もう片方は、前々から「大学」という名前に違和感を覚えていたある企画ですが…

宗教、軍事専門家から色々突っ込まれているのに「それでも手法が画期的だから」で許されていた謎の状況、ついに物言いが付いたなぁ、と。

 

手法が優れていても、やはり拡散力高い方が明らかな事実誤認=マイナスを拡散することは如何、というのが私の立場です。

何もしなかった癖に批判する位なら、協力してより講座が良くなるようにすべきだ!とかカウンターがあるのも存じ上げております。ふむ。

 

予備校バイトを通じて内側から人気講師らの努力を見てきた身として、講師の実力不足案件にヘルプをするのはおかしな話だと思っています。事務局中立がどうこう…ではなく、単にあなたはプロでしょ?と。

間違いをそのまま記憶してしまう視聴者には気の毒ですが、厳しく言えば、その講師を選んだ自己責任ですので…

 

ただ、スタッフとして発信の場に居合わせるなら、聞き手の為に指摘する道義的責任はあるかな、と。講師ではありませんが、模試監督時にベテラン監督者が、

「印刷に誤りがありました。シャー・ジャーハンはアウンラングゼーブの誤りです。繰り返します…」

と連呼した際は、新人の立場でしたが指摘→正しい名前を書いて、物凄く怒られましたが(泣)

シャー・ジャハーンムガル帝国5代皇帝。妻の墓としてかの「タージマハル」を建てた。/アウラングゼーブムガル帝国6代皇帝。帝国の領土が最大になるも、ヒンドゥー教徒を弾圧して対立が深まる。

※ベテランか新人か以前に、正しくカタカナが読めるかどうかの案件のような気も…

 

今後の発信やサロン云々には口出しはしませんが…幾分かご指摘を踏まえ、ご自身のプロの意地が見られると良いですね。取り敢えずは静観。

随分字数が膨らみました、この辺りで。

声高に訴え

色々と費用対効果を考えて動かねばならない、と再認識した一日でした。

まだ取り返しがつく段階だったのが幸いです。今後の生活では気を引き締めないといけませんね。

 

離婚した芸能人でも話題になる、「子どもの親権」を昼に少し考えていました。

日本では離婚後どちらか一方の親が単独親権を持つ形であり、これを巡って父親・母親間で度々争いが起こるのは承知しています。

 

一方の親による不当な引き離し/連れ去り防止、子どもの養育の目線から他方の親も親権を持てるよう共同親権を導入せよ!という主張も成る程然りですが、

離婚段階で夫婦が険悪な関係、DVからとても共同で親権を行使できない、生命の危機だってあるこのご時世にとんでもない話!という主張も然り。

※公約に共同親権を掲げた某党に厳しい指摘をされている専門家もいました。

 

いわゆる法制審議会にてそういったメリット、デメリット含めて議論さる事項でしょうから、かじった程度の私がどうこう言うのも場違いな話ですが…

共同親権派の方が、その主張を「イクメンや男性育休推進を語る男性達は、連れ去られた父親の親権も考えろ!」と、毛色の違う話にまで波及させている記事が目に留まりまして…全く無関係と言わずとも無理やりというか、違和感は拭えず。

※極論、「イクメンこそ子どもを守る、毒親のDVを防止する為に共同親権の実現を阻止すべき!」という、ある種カウンターも組めてしまうのでは?

 

いわゆるロビー活動に慣れてないが故の違和感でしょうか。何だろう、活動家さんの話の進め方がいまひとつ…うーむ。

まあ、こういう主張の仕方もあるのだなと。世の中は勉強になることばかりです。

 

…全く話は変わりますが、今日は一件、非常に残念なニュースがありました。

 

「ゴロゴ」自体は、大橋巨泉さんのゴリ押しと我々の年代からズレたネタが多く、「マドンナ」同様に実用性はちょっと怪しいところですが、

ある種の軽い読み物として親しんだ…という私からすれば、此度の逮捕の報道は非常に残念です。が、一番お気の毒なのはやはり、師に裏切られた被害者。

 

…ともあれ、DV・アカハラ的案件を反面教師に、今後どんな肩書・立場になろうとも、怪物と戦う者が怪物とならぬよう、気を付けて行きましょう。

水を差すもの

成人の日は、友人と飲食など。

 

お互い年始から想定外の案件に振り回されていますが…やはり特殊な公務員、上には上がいるなと。

悩み尽きぬ立場ですが、諦めずにしがみついていきましょう。「ドッスン」が話題になったのであえて言うならば「一念岩をも通す」「雨垂れ石を穿つ」というもの。

ドッスンマリオシリーズに出てくる石?岩?の物体

 

成人の日のニュースは「若者は何故暴れなくなったのか?」というネタが中心に思えました。

道徳教育の成果ではなく、早くからネットに触れている世代にとってはネット炎上や私刑の恐ろしさが抑止力となっているのは、あまり喜ばしい理由ではありませんが…ともあれ、成人おめでとうございますがまず先ですね。

 

いわゆるハレの日に、逆に成人済みの方々が少し、団体行動をして水を差したような事象も聞き及んでいます。私も十数年前、大学の入学式で嫌な思い出がありましたね…

成人式会場の前で活動する「権利」はあるでしょうし、もちろん良かれと思って活動されているのは、承知しておりますが、やはりTPOは考えるべき。

 

つい先日、「ビラ・勧誘おことわり」とシール貼付済みのわが家ポストに、またまた政策ビラが入っていました。

「勧誘おことわりの家にポスティング/訪問するとマイナス=してはいけない」というのは、政治関係では割と常識と思っていましたが…怒るというより心配になってきました。価値観のズレを。

 

以前、宗教勧誘が来た折に「何故勧誘おことわりと書いたわが家に来るのか?」と問うたら「良かれと思って…」的な回答が来ました。

有難いか否かは人それぞれだからそうなるだろう、とは予想していましたし、他方で迷惑防止条例や不退去罪に引っかかる態様でなくば表現/勧誘の自由もあろう、とは分かります。

 

されど「権利があるなら、場の空気や相手の意思は不問でよい」という捉え方をする限り、支持や理解は得られない。

世の中は数多の他者がいる、「結果さえ良ければ」では罷り通らない。私もこの件をある種の反面教師にして、独り善がりにならぬように…

誰だっけ?

土曜は都内の公園で、知人の球技サークルに。

長時間の特訓で11月より上手く出来ましたが、まだまだ改善点ばかり…今年は資格・語学に加え、球技も頑張る一年としたいですね。

 

資格関係では、FPや士業には実用性がやや劣りますが、数年ぶりに歴史関係の学習をしたくなったりも。

学習以外でも、最近よく見かけるスマホゲームのCMで菜々緒さんに「彼、誰だっけ?」と言われているオスマン1世など、気になった日本史・世界史ネタはちょくちょく調べたり…引き続き、視野を広く持ちたいものです。

※私も「オスマン・ベイ」の表記に馴染んでいたので、オスマン1世と言われるとどんな人だっけ?って方、意外と少なくないかもしれません。

 

スッキリしたいある種の気分転換も兼ねて、日曜は美容室など。

美容師さんとゴーンやスポーツネタなど…少し旗色が悪いからと疎遠気味になっていたサッカーでしたが、苦しい時にこそ応援する人が必要ですね。いやはや、反省です。

 

整骨では、身体=筋肉が硬くなる時期だからこそ、水分をよく摂らねばならない、など。

無闇にガブ飲みすればそれはそれで身体を痛めますが、水や茶などは適宜意識して摂らねばなりませんね…体重・健康管理でも必要な話です。

 

時間の使い方、今後の振る舞い方、多々考えることがありますが…

自己を高めるという視点は忘れずに、しっかり手を動かしていきましょう。これからも変わらず。