とある事務方の備忘録

いち事務方の「私はこう考える」ブログ

draft

新聞チェックと文書作成をする木曜でした。

 

…仕事しながら成長出来るならば有難いのですが、一昨日の通り全く生産性のない日本一の無駄裁判に時間を費やすのは、思う部分があります。

少しだけ意味深な事を言えば、こうした判決を出す方々は退官されたらどちらに再就職するのかな?というのは、非常に興味関心があります。

 

毒付きはさておき、10/17のメインテーマはやはり、プロ野球ドラフト会議だったのではないかと。

話題の佐々木投手、奥川投手はもちろん、高校野球や大学、社会人野球で活躍する/した全選手には、一番熱い一日だったであろう、と。

 

ドラフト会議の後、「お母さんありがとう」という名物番組を見る時間がありました。編集の上手さもあるのでしょうが、やはり各々の背負ってきた重さが光る番組でした。

…記憶喪失の母、白血病の末弟などの話を聞くと、如何に自分が恵まれた環境なのか、少し自省せねばならない面も。

 

取材を受けた全ての選手が紹介された訳ではなく、そもそも指名なしの結果に泣いた選手もいるだろうと拝察します。

それでも、何かに一生懸命に打ち込んだ経験は無駄ではない、いつか必ず光る日が来るので、気を取り直していただきたいものです…泣くな!とは言いません、今日ばかりは。

 

「息の長い選手でありたい。」

 

プロは良くも悪くも実力社会、時には厳しい現実が待っている…そんなコメントを拝見しました。

ここがゴールではなくスタート…是非、背負う期待と譲れぬ信念を胸に、かつ身体を大事にして、指名された方々がご活躍することを期待しています。

 

あまり野球音痴が語るのもおかしな話なので、この辺りに。

色々と波も高くなって参りました…カッコ良い球児らに、負けぬ活躍を。

Not all right.

日記に書きたいネタが多々ありながら、しっかりと書き上げる時間のない日々でした。

今日四国地方から出た、日本一生産性のない無駄な裁判の判決はさておき…アレについて一言コメントを求められる人も、中々気の毒なような。

 

色々と、考えさせられる日々でした。

「人は優位な立場にある時についつい本音/本性が出る」という、政治/エンタメの話です。

 

前者は事実上撤回をしたらしい後期高齢者の方からの「まずまず」の件。関東圏にいた身、また水害を被った親戚がいる身として、看過しかねる発言だと思っています。

言葉狩り、不謹慎狩りの類は加担しませんが、これはどう激甘採点をしても不合格です。

 

言葉を使う仕事にある以上、内心については絶対的自由であっても、口に出す言葉の方は真摯に考えていただきたいものです。

まあ、常日頃から他者を思う立場なら、災害発生後の言葉遣いは特に気を払うはずなのですが…あまり毒付きすぎるのも何なので、この辺りに。

 

後者は、実の姉とその勤め先のトラブルを巡って、脅迫紛いのメッセージを送った三十路の有名人のお話。

元から育児時の言葉遣いやら普段の態度やら、私の肌に合わない方でしたが…何故か世間で好評というギャップに首を傾げていました(笑)

 

メッセージの文章に教養や性格が表れていますが…「相手を悪と判断した」→「自分が相手をどう責めても咎められない」という思考が根底にあるのでしょう。

むしろ有名人であればあるほど、ここぞと強権を振るうよりも相手に晒されるリスクを考えるべきだと思うのですが…まあ、無理でしょうね(笑)

 

大切なのはこうした事例を週刊誌のノリで小馬鹿にするのではなく、いざ自分が優位な立場に立った際に思い出して我が身を戒めること。

無責任な批判や腹癒せの非難は、誰にでも出来る。私が考えねばならぬのはそこから何を生み出すか。

 

まだまだ、週の真ん中。

引き続き、気を緩めることなく。

石の上にも三年

「継続は力なり」と感じた週末でした。

 

先輩のお誘いで新しく始めた某球技では、まっすぐに球が飛ばない現象に早速大苦戦するという、ある種お決まりのパターンに。

「修正しながら取り組んでみて」と言われますが、中々頭と身体がうまく合致せず。スムーズに試合運びができるよう、お誘いのない時も練習ですね。

 

語学、英語は知人のオススメからスピーキング方面に手を。構文、話せるフレーズを増やしていこうという王道ですが、これも続けなければダメな話。

三日坊主に終わらないよう、iPadに落とした音声データも活用して、恥ずかしがらずに発音を。あれやこれや頭で考えるよりは実践、と。

 

台風でもバイクが無事でしたので、高速道路を往復して実家の被災見舞いに行っておりました。

実家自体に特に大きな後遺症はなかったのですが、親戚の住む栃木県佐野市は大きな被害を受けたり、決して他人事ではありません。

 

末弟の数学の勉強を見てあげたりなど。兄の威厳を失わないか心配でしたが、実母のように混乱せずに無事に解けました(笑)

学問はさておき、勉強の数学はある程度の経験則、既視感が重要だと思っています。間違えた経験を、その後にどう活かすか…こればかりは本人の問題、本番までに火が点きますように。

 

他者と交流することで刺激を受け、また自分も負けていられない、家族に恥じぬようという意識がより強まります。

明日からも朝が早く夜が遅い+色々と予想外の混乱があると思われますが、乗り越えていきましょう…ラグビーの「ビクトリー・ロード」のように、笑える日が来るはずなので。

ゆめゆめお忘れなきよう

台風19号が関東地方接近、で大騒ぎの週末でした。

 

北区は雨が強い程度でしたが、他の23区はそうではない旨、また実家からは東から雨が吹き込んで大変という話も聞き及んでいます。

自分はたまたま難を逃れただけの話…被害を受けた方々にお見舞い申し上げると共に、生業の再建や心の復興の一助となるべく、尽力してまいります。

 

台風関連であまり政治的な話をするのも何ですが、どうしても書いておきたい話があります。

 

この台風接近の最中、霞ヶ関で「予算委員会の通告が来ないから、台風接近でも待機が解除されない」という話がありました。

当の「通告を出してない」疑惑の方は出したの一点張りで、まったく話が噛み合っていませんが…国交省の友人曰く事実であると。

 

他の方も指摘していますが、「形式的な処理完了」と「実務的な処理完了」の意識差があるようです。

前者の時刻がいわゆる〆切前であれば、狭義的には〆切は守ったことにはなるのかもしれません。が。

 

「形式的な処理完了」といっても、それを見て作業する方があたふたしないよう、

通告には「こういう趣旨の質問をするからね」と書くand「質問の趣旨が分からないなら◯◯に問合せしてね」というやり方がポピュラーです。

ただ、件の方などその辺りの気遣いをやらない人もいます。

 

どう作業発生するか、最近の話題で例をあげると、

「幼児教育・保育の無償化について」 ※問合せ不可

と通告されたら、何を聞いてくるか分からないので関係省庁はあらゆる質問を想定して準備しなければなりません。

「森の幼稚園=建物を持たない施設が対象外なのはこのまま?」「待機児童が増えるかもだけど対策はやってるの?」「多忙化しそうな保育士の職務待遇は改善されたの?」等…少しでも関係があるネタは全部公式見解を整理しないといけません。

 

もちろん、野党側からすればTV中継入りの予算委員会で自分の問いに満足に答弁できない大臣が映らば信頼失墜→自分達に任せて!とPRできます。

ただ、大臣答弁は所謂各省の現時点の公式見解で、その答弁に抜かりがあることは、単にポンコツ大臣の資質問題では済まされない訳で。

 

「関係ない部署は帰らせていいじゃん」

こんな趣旨の発言がありました。その関係ありなし判断にミスがあったらどうなるのか、公式見解の準備ができていませんと喋ったらどうなるのか、是非想像力を働かせていただきたい。

 

百歩譲って、ただの三連休前だというならば非人道的でも、やむを得ない面はあります。

しかし、今回は南方から台風19号が接近していると誰にでも分かる状況でした。そんな時でも私が政府を追及する姿勢がTVに良く映えることが大事だ、と思う人間性は如何なものか。

 

霞ヶ関総出でデマを流してる!という声もあるようなので、書かせていただきました。

そんな暇じゃありませんし…霞ヶ関の皆様方も心を持った人間。人の恨みや怒りは簡単に消えはしないこと、ゆめゆめお忘れなきよう。

妖怪大戦争

本日は、福島の農産物等を扱う「里山ガーデンファーム 国会議事堂店」にて、興味深い食品を購入。

f:id:aMikadoOnUSA:20191010233447j:image

赤いシワシワのドライトマトは、小さな粒のひとつひとつに味が凝縮されており、最後の一粒まで飽きない逸品。

興味ある方、是非是非ご賞味くださいませ。

 

下の方に小さくある可愛らしいマークは、喜多方の有機栽培農場チャルジョウさんのブランド「そる工房」。

この「そる」はサッカークラブの「柏レイソル」、電子書籍の「NTTソルマーレ」と同じ「太陽」のこと。

※ちなみに「レイ」は王、「マーレ」は海。あまり聞き慣れない「チャルジョウ」は、トルクメニスタンの地名だそうです。

 

農産物を太陽の恵みと捉えて大事にするチャルジョウさんの職人精神は、食品ロス問題が騒がしい現代こそ胸に刻まねばなりませんね。

里山ガーデンファーム」では毎度毎度面白い発見や刺激があります。おじさんもすっかり顔馴染み、今後もご贔屓に(笑)

 

…昔「妖怪大戦争」という映画がありました。

主演は神木隆之介くん。あの小さかった神木くんがドラマ「集団左遷」では銀行マンを演じているのは中々感慨深いというか、何というか。

 

知人から、ある案件の現地詳報をいただきました。選択肢が大変悩ましい戦であることはよく分かっています。

元県民としては、勝敗よりも票数差・投票率・無効票率という数字が私の関心事です。どうあれ、勝者には民のため国のためにお勤めをいただきたいものです…今度こそ。

 

知名度に差がある戦いに対し、「一騎討ち」は誤用ではないか?と主張される方をお見かけしました。

 

1vs1なんだから別に良くない?と当初は感じましたが、いざ調べてみると、

①身分低い者同士はダメ

②実力伯仲でないとダメ

など、意外に条件のある用語のようです。言葉は奥深いですね。

 

色々と発見、勉強のある一日でした。

容赦なく台風も接近していますが、金曜もしっかりと汗をかいて行きましょう。

着払い 元払い

久々にメルカリで私用の品を購入したところ、ゆうパックの不在票が届いていたのですが、何やらおかしな話に。

 

着払いの送料支払いが手間なので、メルカリは基本元払い=発払いでしか購入しないのですが、

不在票に着払いという旨が記載されていた上、「着払いで送ったから送料を払ってください」という発送通知をもらい、一瞬思考停止に(笑)

※ユーザーはお分かりと思いますが、そもそも「出品者負担」の条件にチェックしてから検索してますので、着払いかの見落としは有り得ません。

 

以前、自己都合のキャンセルを屁理屈で正当化した知人を注意した件もあり、キャンセルそれ自体なるべく避けたかったのですが、

先方に非があるケースで、あまり誠意も見られないようなので受取拒否→キャンセルが落とし所と判断しました。

※第一声で「設定ミスは謝るが、一度購入された奴を再出品するのは手間」と言い出さなければ、大人の対応で受け取っても良かったのですが…

※「銀行振込で送料分負担するから口座番号を教えて」と言われましたが、口座情報を教えるにはリスキーな相手、お断りを。

 

Amazon等のマーケットにはない品がたまにあるのがこうしたフリマアプリ/オークションサイトの利点である反面、

相手がプロではないのだから、保存状態やサービスに「安かろう、悪かろう」がたまにある欠点も実感しました…用途や時宜に応じて、どちらの点に重きを置くか検討しなければなりません。

 

私用の品は、Amazonで代用することに。運良く、土曜に届く+同価格帯で品を見つけることができました。

まさに捨てる神あれば拾う神あり…とは、言い過ぎでしょうか。

 

まだ木曜金曜には、祝日の前のひと仕事が。

些事に一喜一憂していられません。気を取り直していきましょう。

引退論

補選云々が騒がしい火曜日でしたが、私にとっては「引退」の在り方をふと考える日でした。

 

趣味や娯楽といった自己都合自己完結のものを何かの契機できっぱりやめるケースなら、周りに相談/報告をせずひっそり消える方がベターだと思っています。

この場合には引き止められてしまい決意が揺らいでしまう、結果としてなあなあに、キツく言えば引退詐欺になってしまうことが多いので、黙って立ち去る方が確実性が増します。

 

他方、スポーツ選手や芸能人など、他者を支えて/他者に支えられての公的性格が強い生業は、お世話になった方々へしっかり報告する等、礼を尽くした方が良いでしょう。

少し前、巨人・阿部選手の引退会見もありました。引き止めたくなる寂しさもありますが…第二の人生を歩もうとする方の場合は、邪魔をせずに皆がその重大な決断を尊重するべき話。

 

本題に入ります。

ある有名人の女性が唐突にブログ/バラエティ番組で引退宣言をして、その前にお世話になった方々に話を通していなかったという案件が、流石に不義理が過ぎるのではないか?という話題です。

 

もはや口癖になりつつありますが「立場が変われば見える景色も変わる」ので、私の知る事実が全てではありませんが、

外野から見ていると、バラエティ番組に出演する前にやるべきことがあるのではないか、確執あるなら溝を埋める本人の努力が必要だったのでは、と思うのです。

 

人生に関する決断は尊重さるべきでしょうし、去る人を悪く言うのはどうあれ宜しくないので、この辺で止めますが…

私だったら順番が違うだろうな、と思う次第です。力の源泉は己が才ではなく、自分に寄せられる期待や信頼なのですから。

 

自分の立ち位置と違う人から見た景色は、果たしてどう違うのか。

…常に想像力を張り巡らせよ、という反面教師に、ですね。

筋子ふたたび

色々と動きのあった月曜でした。

iPhoneのスクリーンタイムが少ない=仕事に夢中になって頑張れた、とプラス解釈も。

 

帰宅後は、語学学習の方で色々と変化を。

惰性化していたスタディサプリを、廉価ながら問題数の多いアルク社のアプリに切り替えることに。

スタディサプリはリクエストをしてもVol.20より先の新問を配信しない方針らしいので、いつかは別なアプリへと切り替えようとは考えていました。

 

まだまだ向きになってしまうというか、予想以上に誤答が多くつい30分以上やり込んでしまったり。

…これは自分を甘やかさずに、取り組めそうです。まだまだリスニングもリーディングも理想の力には程遠い。新しいコーチとしっかり頑張りましょう。

 

英会話、スピーキングについてもそろそろ。

某アプリでは、何回喋ってもAIが聞き取れないのか「大きな声ではっきりと話してください」と画面に表示される悔しい経験も…お恥ずかしい(笑)

 

こうした悔しい経験も、最終的に結果に結び付けば何とやらだと考えています。

大切なのは匙を投げて泣き寝入りしないこと、前をしっかり向くこと。受験生の親類や世界で活躍する友人知人らに、負けてはいられませんからね。

 

手隙の時間に、録画したドラマを流しながら、再び筋子を漬けてみました。

f:id:aMikadoOnUSA:20191008005048j:image

筋取りもある工夫をしたら、以前より潰すことなく剥がすことが出来たり。

 

今週は、色々と賑やかになりそうです。

腹は立てることなく、空かせることなく、そして案を常に用意する。身体を第一に考えつつ、試行錯誤していきましょう。

整体の論議

額に汗する気温の高い土曜日でした。

衣替えを受けて、夏の仕事服のクリーニングなど。

 

ワイシャツ、スラックスを一気に出したので出費はかさみましたが…仕事用具、仕方ない話です。

ユニフォームを大事にするようなもの。引き続き、モノを大事にする文化や価値観は未来に繋いでいきたいものです。

 

最近非常に有難く感じるのは、英語にせよ筋トレにせよ、モチベーションを上げたり、より上手いやり方を教えてくれる方がいること。

スクワットひとつをとっても、片脚に負荷をかける「ブルガリアンスクワット」等、より自分に合った示唆をアメフトの経験者からいただけたり。

 

カラダファクトリーでお世話になっている整体師の方にも、集中的にかつその間はフォームを崩さないように進めた方が良い、などなど。

筋トレの話は西日暮里ネタより食い付きが良かったような。店長、本当に筋トレが大好きなんだなぁ…(笑)

 

身体の調子をより上向きにするべく、何よりもより引き締まった身体にすべく、功夫を積み重ねていきましょう。

ビジネスでお仕えする方々、或いはプライベートでお付き合いしたい方の隣に、弛んだ身体を晒さないように。

 

そういえば、MyCodeこと遺伝子検査を申し込んだ企業から、検査をスタートしたという連絡が。

f:id:aMikadoOnUSA:20191006000709j:image

また2〜3週間がかかりますが、待つのも一興というものです。これもより身体の調子を上げるために、耳の痛い話もしっかり受け止めましょう。

 

そのほか、またまたAmazonを騙った怪しいメールが来ていましたが…

AmazonとリンクさせていないGmail側に来た上に、迷惑メールフィルターに引っかかっていたり(笑)

 

塀の外の懲りない面々も、呆れる程に元気ですね。

身内から被害者が出ないことを願うと共に、如何にこうしたやり方を封じるのか…思考を巡らせていきたいですね。

地上戦の恐怖

手隙の際、何かと話題になっている議員会館内での某対談?動画を視聴させていただきました。

YouTubeの仕様上、再生回数の1回分に貢献してしまうのは不本意ですが…

 

いち社会人としては、ご多用中であろう相手方へのアポの取り方の時点で疑問符が付きました。

更に、相手が応えないなら実力行使だ、押しかけて答えを引き出す!というやり方は、あまり将来世代に見せたくない、真似て欲しくないやり方です。

 

もちろん、押しかけて相手と話す、何かを頼む方式を全て否定する訳ではありません。

FAX+一本の連絡電話で済む話を、礼儀や重要度を示す趣旨で敢えて訪れて話すことは…このご時世に無駄とバカにされるかもしれませんが、対人関係で有効なやり方だと私は思います。

※照英さんが「雨の中でも会いに行く、それが営業!」と叫ぶCMがありますが、あれも全て It's OLD営業!とは思いません。

 

しかしながら、物理的な突撃、電話への電凸等は、いくら希望するアンサーが得られなかったからとしても、妨害/攻撃という意が混ざるので認めない、という考えです。

手を出して来たのが相手だ、で全て罷り通るならば「過剰防衛」という言葉はありません。

 

以前にも、自分の正しさに偏った確信を持つ方が、自分を訴追する委員会を構成するメンバーの事務所の電話番号を晒し、電凸して下さいと煽るケースがありました。

より恐ろしかったのは、周りにそのやり方は△だと窘める人がいないどころか、それを拡散する方々が多かったこと。

 

今回の件も、確かにツイッター上で空中戦を仕掛け過ぎている方にも反省すべき点は多々ありますが、だからと言って地上戦の展開=突撃が許される訳もありません。

先述の通り…こうしたやり方を真似る若者が出ないことを願うばかりです。