とある事務方の備忘録

いち事務方の「私はこう考える」ブログ

2週間強の夏の甲子園も長かったようであっという間、 今日で終わりを迎えました。

 

猛暑の甲子園改革、 個々の判定の是非がどうという議論もあるかもしれませんが、 まずは第100回大会に死力を尽くした全選手にお疲れ様でしたと申し上げるべきかと。

達成感のある選手もいれば、心残りのある選手もいる。プロや大学、また別な道を選ぶにせよ、 この夏の経験が人生の宝になれば幸いです。

 

他方、アジア大会から帰ってきた選手の話。

 

スポーツは楽しむものと言っても、 代表選手に選ばれて公費で遠征、つまり「仕事」だということ。

後に試合が控え、 そしてこの大会で日本をアピールしなければならない状況で 、飲み会ならまだしも・・・ということ。


何より公式ウェアで外を出歩くことが何を意味するのか分からないことなど、ツッコミ所が多く。
勿論、 協会など監督責任も問われるべきと思うのですが、 だからといって個々人の倫理観が責められないとはならないでしょう。


辞退の話も出てますが、 残るメンバーにとっては折角の晴れ舞台。 最後までしっかり戦い抜いてほしいところです。


公式ウェアで外出という部分で思い出すのが、 よく電車内で見かける光景について。


首から社員証をぶら下げたり、 或いはスーツに徽章を付ける方が結構いるなと。

私の勤め先には着用義務規則はない(携帯して通行時に提示すればOK)なのですが、 企業によってはそんな規則があるのかもしれません。


ただ、外に社名等を提示している場合、自分の立ち振舞いが個人のみに帰属せず社のものと同視される認識が、たまに欠けている人も散見されます。

スマホやSNSに夢中になるくらいなら可愛いのですが 、ドア前を死守すべく他人に圧をかける御仁とか、 故意に攻撃される御仁に社員証がぶら下がっていると少し笑ってしまいます。


業務の遂行能力「は」高いという可能性もありますし、満員電車とは総じてエリアのストレスレベルが高いものですから、いちいち目くじら立てるなと言われたらそれはそうで。

が、組織に所属する個人という意味では、 此度の選手らを馬鹿に出来たものではないかとふと思いました。

※言わずもがな、社員証や徽章を外せばOKという趣旨ではありません。 誤解なきよう。

 

ともあれ、若者らの健闘を称えると共に、自分も座学のみならず、彼らに劣らぬ結果を出したいものです。

土日とバリウムの話

「◯◯君、40を超えると体調管理というより、身体のメンテナンスという言葉がピッタリになってくるよ」

 

以前に健康診断の話をした際、40歳超の課長にそんな話をされました。

今はまだ20代ですが、時の流れというのはあっという間です。焦らず、油断せず。

 

さて、土曜は健康診断に。

駆血帯が途中でほどけたり、発泡剤+バリウムを飲んだ直後に諸事情で胃部レントゲンが受けられなかったりと、いくつかのトラブルはありましたが、無事に終了。

 

視力検査は、何とかランドルト環(Cのこと)の向きは見えましたが、やはり視力の衰えは些か心配です…近い親類には失明間際まで行った方も。

この世には美しい景色、創作物があり、そして美しい人の笑顔がある…パソコン/スマホ社会で酷使する日が続きますが、死ぬまで眼は大切にしたいですね。

 

他方、胃部レントゲンはセットになっていますが…被曝量は胸部の数百倍+がん誘発率もゼロではない上に、胃カメラの方が胃がん発見率は高い、という医療系の記事も読んでいます。

胃部レントゲンには技師、造影剤のメーカーやフィルム業者も居ますし、何よりわが国発祥の発泡剤とバリウムを使った二重造影法に誇りを持つことは理解出来ますが…

 

現時点では、来年からはバリウム検査はお断りしようかなと考えています。

単にバリウムを飲むのが嫌とかキモいとかではありません…自分の身体が自分の為だけの物でなくなったときに、後悔しない為に。

※このバリウム自体にも、不快感や腸閉塞とかデメリットがあったりします。

 

土曜の午後は大事をとり家事に専念し、残りは日曜に、ジムと私用などを。

 

ジムでは、ご指導いただいているプロの格闘家から総合格闘技のトレンドの話など。

何故打撃スキルが重要なのか、という話が分かり易く聞けました。違う世界と分かっていますが、やはりプロの話は聞いていて面白い。

 

時代がどう変わったとしても最後は人。対人でしっかり話をすることが重要です。

悩みながらも、きちんと向き合っていきます。

Remember 〜ing

中学をふと思い出すと、「Remember to〜」と「Remember 〜ing」は違う、という頻出問題がありました。

前者は「忘れずに〜する」という将来、後者は「〜したことを覚えてる」という既往、という問題です。懐かしいですね。

 

金曜はランチタイムに足をのばして、半年振りにある場所を訪れたのですが、店主が私を覚えてくれていたことに感動しました(笑)

常連という程通ってもなかったのですが、こういう律儀さというか細かい気遣いが垣間見えるのは嬉しいものです。

 

相手を覚えているか否か、ということは業界を問わず大きなポイントになります。

会話の糸口になるのもさながら、相手に対して「あなたのこと、ちゃんと覚えてます」という明らかなメッセージを届けられる。それだけで心象も変わります。

 

名前を忘れた場合にはさり気なく聞き出そうとするテクがありますが、一番大事なのはやはり覚えていること。

氏名などの固有名詞、顔の印象、会話した時のエピソードや思い出など。秘書検定あたりには出てきそうですが。

 

されど、「過ぎたるは及ばざるが如し」。

 

ついつい「あんなこともあったよねー」と引用したエピソードが、相手にとっては△だった、そうでなくても、言い方が誤っていた場合。

逆に不快感を与えてマイナスからのスタートにしてしまっては、元も子もないこと。

 

昨今の己の言動で、「◯◯したこともあったね(アレがあったから頑張れたんだ)」と言ったつもりが、

相手側には「あのことまだ根に持ってるの?」

と受け取られたかもしれないものがひとつありました。猛省事項です。

 

能力は、適切に使えてこそ価値のあるもの。

記憶を大事にしつつも、記憶に溺れないように考えていきます。

もう半分

お盆のシーズンだけあって、火水木と仕事は落ち着いていました。

気が付いたら8月ももう半分。早いものです。

 

火曜は少し足を伸ばして、国会図書館の入館証を作りに行ってきました。

といっても、電話で調査依頼するケースが多いので、6階の食堂以外を使うことは稀なのですが…

 

いつもはピンク色の一時入館証をレンタルしていますが、これで常時使える水色の入館証が手に入ったので、プライベートでも勉強に来ようかと。

展示がある時には、ちょっとしたデートスポットにも使えるかもしれません(笑)

 

水曜の夜は、政策秘書会の先輩である政策秘書さんと赤坂で食事を。

 

衆参の情報交換もさりながら、この時期ゆえの総裁選の話、ちょっと気になる議員の話などでついつい盛り上がってしまいました。

自分より経験もあり、かつ政策秘書として議員と二人三脚で活躍する先輩とは話すだけで勉強になるものです。2時間があっという間に。

 

今はこう教わる側、相談する側ですが、いずれ自分が前に出る側になる日がやってくる。その時には、このように穏やかで優しい先輩でありたいものです。

何はともあれ、お忙しい中お付き合いいただき有難うございました。

 

木曜は、靴擦れに悩まされた1日でした。

水曜の靖国参拝後、永田町まで歩いたため踵の少し上に傷が。履いていたのはハッシュパピーのストレートチップなので、あまり革の硬い靴ではないのですが…

 

帰宅してから、撮り溜めた日テレ「サバイバルウェディング」を見ていました。

三十路での婚活をテーマにしたドラマですが、ブランドの薀蓄紹介など工夫が凝らされていて中々面白いものです。

 

視野を広げる意味では、昔の名作や海外作品を見た方が良いのかもしれませんが、中々己から食指が動かないものです。

ここは友人知人に、オススメを聞いて回るべきかもしれませんね。

 

引き続き、手を止めず研鑽を積んでいきます。

靖国参拝

※昨日の話は今晩以降書かせていただきます。

 

今日は8/15ということで、出勤前に靖国神社に参拝に行って来ました。

f:id:aMikadoOnUSA:20180815070427j:image

朝の6時台に着きましたが、多くの方々が参拝にいらしていました。中には、重そうなカメラを持っている方々もちらほら。

平成が終わろうという時期になっても、今日がこの国にとって大切な日である、という意識が根付いていることが窺えます。

 

昨今はネット含め思想の左右の対立が広がり、靖国参拝=右寄りという印象が一部強くなった気がしますが、本来靖国神社はそういう場所でないと私は考えています。

勿論、この日が他国にとって違った意味を持つこと、また靖国神社に祀られる先人に対し他国が良い感情を持っていないこと、一部の方々が別途追悼施設を作るべきと主張されていることも、存じ上げています。

 

されど、極度の緊張下、今の我々とは違った環境の中で、それぞれ考え得る限り力を尽くした先人に、今日ばかりは思いを馳せることが認められて然るべきだと考えます。

少なくとも、私は大切な方々の笑顔、平和な世を願いつつ、手を合わせて参りましたし、同じ考え方の参拝者は少なくないかと。

 

立場の違い、考え方の違いがある今の国際社会で、如何に平和を実現するのか…私は積極的に発信しつつ溝を埋めるパートを果たすべきだと考えますが、

様々な意見に触れて、違った価値観の方々とも意見を交わしつつ、少しずつながら自分の視野を広げていきたいと思います。

待ち焦がれる日

高校野球を見ながら、先の通常国会の資料整理をしていました。

特に、王者に挑む沖学園の健闘は見応えがありました…本当に、お疲れ様でした。

 

掃除した後は、自分の理解の整理を兼ねて簡潔な一般人向けの資料、お役所のポンチ絵のようなものを作っていました。

 

どこまでフランクに言葉を崩して良いか、どこまで本音を書いて良いか、その線引きが難しいものです。

全体のデザインもセンスが問われます。そちらも磨いていきたいものです。

 

夜はパスポートの発行申請に、交通会館へ。

多少の覚悟は出来ていましたが…90分、前の約250人を待ったのは、ディズ◯ーランドやラーメン◯郎でもそう簡単には得られない経験です(笑)

 

しかしながら、都の生活文化局さんも必死に回転させていましたし、約250名の方々にもそれぞれ私と同じ何らかの思いがある訳です。

待つのもこれまた一興。むしろ待ち時間の中でキュレーションアプリのコラムを読んだり、文章を書いたり、目を閉じて思いを整理したり、90分を有意義に過ごせました。

 

…楽観論、ちょっとした手違いならば良いとは思いますが、もしかしたら己の至らなさで大事な他者を傷付けているかもしれません。

その際は真摯に反省して、その声にしっかりと応えたいと思います。

 

ともあれ、パスポートの発行は来週の見込みのようです。

「長らくお待たせしました」「立ちながらの話ですみません」と最後まで丁寧な対応の窓口の方々こそ、ハードワークお疲れ様でした。

 

周りが前進する中、自分だけ歩みを止めてはいられません。

少しずつ、でも着実に、新しいことに挑戦していきます。

棚作り

今日も蒸し暑い一日でした…「早春賦」のように秋は名ばかり、ですね。

 

今更ながら、金土日が夏のコミックマーケットであることを、まとめサイトの記事で知りました。

身内に参加者はいませんが、買い物やコスプレで参加した中にこの酷暑で熱中症になった方もいらっしゃると聞いています。

 

有志で成り立っているイベントとはいえ、行政側が全くノータッチで良かったのかは、ひとつ検討事項かもしれません。

来年は開催期間が4日間?という話も耳にしてますので、事実であれば尚更。

 

日曜は、自宅で棚を組み立てていました。

 

DIYではなく、与えられた木のパーツとネジを組み立てるスタイルですが、久しぶりにプラスドライバーを握りました。

些細なものであっても、ものづくりというのは面倒さより面白さが上回るものです。無事に棚が出来上がったときには達成感も。

 

自分の為は勿論、将来には家族の為に色々組み立ててあげられる夫/父でありたいものです。

叶うことなら、家族と一緒にものづくり体験が出来るならよりベターですね。そうした楽しさを教えられるように。

 

油断は禁物ですが、今週(13〜17日)はお盆のシーズンもあり、仕事は下火かなと。

懐かしい先輩や、大切な友人・知人らと親交を温めつつ、残暑や台風にも負けない働きをしていきます。

8020

土曜日は、心臓の手術から無事退院された恩師に会いに。

 

ご自宅+塾の教室をリフォームされていると聞いていましたが、派手に改装していたので驚きました。仕事中の大工さんはお疲れ様です。

今日は政治的な話は回避しますが、土木・建設の技術が進化しても、職人さんがいなくては話にならないものです。いつ何時も感謝は忘れてはなりません。

 

仕事の話、政治の話や教育など、先のお見舞いでは話せなかった内容をじっくりと話せた時間でした。

己の性分か、仕事柄か、ついつい色々な知識人と話すのが楽しくなってしまいます。

 

ともあれ、ご無事でなによりです。

新居が完成する頃には、またご挨拶に伺いたいかなと思います。

 

歯科医院では、30手前の身でありながら医師にキッチリご指導を受けました(泣)

いやはや、遠慮なく言ってくれる医師の方が、金策にコソコソする医師より有難いものです。歯科医という業界なら尚更。

 

「芸能人は歯が命」ではありませんが、あらゆる健康を考えると、歯の方も定期的なメンテナンスが必要なようです。

8020運動、というのも学生時代にありました。虫歯にならない体質だからと油断せずに、健康を保ってゆきます。

8020運動=老後に咀嚼=食べ物を噛めるよう80歳時に20本の自分の永久歯を残しましょう、という運動。

 

それにしても、ゆっくりと時間の流れた一日でした。

 

危機管理の面さておき、常に将来に向けて努力している友人らに叱られるかもしれませんが…たまにはスマホも握らず、時間に縛られない一日があってもよいのかなと。

スマホの画面と常ににらめっこしていると、人とスマホのどちらが主人なのか分からなくなることがたまにあります。

 

人の時間は有限であり、変わらぬ物はない。

だからこそ大事な物は何か、その為に出来る事は何かを胸に…日曜もその先も、しっかりと。

ドライブ日和

テレビは甲子園に石破先生の出馬で沸きましたが、事務方は束の間の休日モードでした。

いやはや、嵐の前の静けさというものです。

 

社会人同士であっても、お盆になると友人らと日程を合わせやすくなるのかな、また少し話し込めたら、とふと考えています。

夏の短さに対し、まだまだやりたいことだらけです。贅沢が過ぎるかもしれません。

 

仕事を上がってからは、久々に北へドライブ。

 

マナーの悪いバイクの割り込み運転に多々遭遇したり、渋滞に数度捕まりもしましたが、夜風を切る気持ち良さでストレスも相殺されるものです。

安定性は四輪に劣りますが、逆に不安定が故にバイクは全身で風を感じられるのではないか、とも考えます。

 

先月で一年、タンデム走行も認められるようになりました。

全く新しい世界、バイク免許を取るキッカケをくれた友人に感謝すると共に、引き続き愛車と二人三脚で頑張りたいと思います。

 

明日は、心臓の手術を無事に終えて退院された恩師にご挨拶に。最近写真日記が多めなことは気にしていますが、以下ご紹介を。

f:id:aMikadoOnUSA:20180810234449j:image

永田町土産でも安くて美味いのがこちらと進次ロール。

若い方はロールケーキの方が好きかもしれませんが、年代を選ばない菓子はきんつばかなと。

※油断して金沢の友人に持って行くという失態もありました。猛省です。

※国会クッキーや平成饅頭等もあります。ご興味のある方は是非お買い求めを。

 

ついでに歯科医にも。前職で歯科検診があったとはいえ、診療は数年ぶりです。

ご存知の通り、腕を選ばないなら都内にもある=歯科医院はコンビニより多いのですが、軽々しく歯を削るババを引いて後悔した学生時代があったのでやはり慎重に。

 

「得難きは時、逢い難きは友」

私と友人らが感じている距離は違うかもしれませんが…今ある縁を大事に、決して軽んじも、その優しさに依存せず、生きて行きます。

Card

今日は仕事上がりに、写真屋に。

 

ジャケットとネクタイを締めて、パスポートの申請用の写真をお願いしました。

f:id:aMikadoOnUSA:20180809224307j:image

撮影してもらいながら、パスポートならばこの照明の当たり方がGood/Badというアドバイスも聞いて選択。

こうした経験値は写真機等にはないもの。写真屋、対人ならではの魅力ですね。

 

次は書類を仕上げて、いよいよパスポート発行です。マイナンバーカード以来の役所窓口事務ですね。

受付時間も月曜〜水曜と木曜・金曜で違うようですが、今月でしっかり完遂しましょう。

 

カードと言えば、来年で期限切れのクレジットカードについて、新しい候補を調べたり。

 

思えば社会人になってデート用に作ったセゾンですが、今は西友の優待や永久不滅ポイントをAmazonポイントに切り替える等、怪我の功名的に大活躍。

他社に乗換するポジティブな理由もないので、よりポイントが貯まり、かつ余計な機能がないカードはどれかな、と。

 

たとえば年会費の代わりにラウンジ利用権、手荷物の発送サービス等が付いてきても、海外に繁く行かないのでやや余計。

普段使いでポイントが貯まり易く、かつ年会費も無駄にならない方が有難い…ひとつ、有力候補が決まったのでそれを中心に検討したいと思います。

 

最後は、8/9について。

 

長崎の平和式典をテレビで視聴しました。日記前半のようなプライベートが過ごせるのも平和あってのこと。

先人の犠牲を悼み、急激に変わる国際情勢の中で、平和の為に出来ることは何か、永田町にいる人間としてこれからも考えてゆきます。

 

長崎市は一度仕事で行きましたが、観光資源も多く素敵な街でした…噂通り、坂も多かったですが。

平和について考える意味でも、知見を広げる為にも、またいずれ、今度はプライベートでゆっくりと訪れたいものです。