とある事務方の備忘録

いち事務方の「私はこう考える」ブログ

試行錯誤を繰り返し

色々と勉強になる木曜でした。

 

スギの花粉への備えが騒がれますが、まだまだ寒さが続き、急がなくても大丈夫な気も。

…そうこう言っていて毎年鼻や眼をやられますので、週末には万全の体制を。

 

スギといえば最近、CLT(クロスラミネーティド・ティンバー、直交集成材)という硬い木製素材の名前をよく聞きます。

鋼鉄並みに硬くも木材故に軽く、仙台かどこかでスギのCLT製のマンションを作る話もあるとか…花粉で私にとって昔から目の敵のスギですが、こう役に立つ話を聞くと悪くもないような気もします(笑)

 

唯一の難点は、木材故の耐火性。

CLT製の飛行機計画など火が絡む話だといくらか難易度が跳ね上がるようです…まだまだ進化する余地のある領域ですね。

 

建築素材といえば、最近話題のレオパレス

壁が薄いというコピペも話題ですが、木曜に私が聞いた話だと薄いのではなく、本来は別素材を詰めるべき箇所にウレタンが詰められたり、本当に遮音性が低かったようです。

 

素材談義さておき、まだまだ解決の光明が全く見えない事案です。そして家主の方々、居住者の方々と関係する方も少なくない。

原因究明と再発防止への、強いリーダーシップを期待します。

 

話は変わりますが、朝は成人式を開催するタイミングを検討する会議に出席しておりました。

過去の日記通り、わが国の高校進学率ならば、18歳の方が進路も横並びで良い…と私も考えておりましたが、事はそう単純ではなく。

 

まずは、1月という時期。センター試験は近々仕組みが変わりますが、そうでなくとも下旬〜2月は受験本番、肝心の出席率が下がり得る。

衣装業界や美容・理容業界にとってダメージになるのが制服着用。一般家庭の家計負担も減りますが、業界の成人式向け和装・礼服やメイクの需要がなくなるのは痛い。

 

更に飲酒・喫煙の議論も出て来ると、なかなか迷路から抜け出せない話になりますが…

成人式の在り方含め、共に思考を巡らせていきます。

 

そう言えば、2/14はバレンタインデーでした。過去に書いた通り、捉え方は立場次第、好むも嫌うも自由だと思います。

パーリーピーポーさんも、ミサンドリストさんも、特定の価値観を他者に押し付けない限り…

 

今年は自分にとって、節目の年。

色々な知識や価値観に触れ、引き続き自己研鑽に励んでまいります。

Limit

度々睡魔に襲われながら何とか仕事をこなせた火曜・水曜でした。

 

早く上がれたので、火曜には夜の永田町を少し散歩したり、水曜はジムで汗を流したり。

特にジムは会費もあります、通えない日も動作を練習したいですね。

 

新しく勉強し始めた資格の関係等から

「自分の人生で何を残せるか」

というテーマを、少し考えていました。

 

結果が出せなければ、過程がどれだけ有意義なものであっても無意味だ、という捉え方もあります。

大学入試の数学などは過程が合っていれば結果が間違っていても加点される、というのもありますが、現実は結果が異なれば0点と。

 

しかしながら、人生には限りがある。そこで過程を疎かにすれば、名は取れても実の側が取れず、最期の時に後悔するのでは、と。

『ぼくらの』という漫画で「心は減るのよ」という台詞がありました。その通りで、心は実利のみで語り得ない。

 

初めから妥協の一手、安直な道を選択することなく、常に挑戦して、己を変え続けていく。

改めるべき部分を改め、守るべき誇りは守る。久々になりますが、「進歩と調和」を意識して残る人生をしっかり歩んでいきましょう。

 

たまたま、今日は年賀状関係のアンケートに回答する機会がありました。

年賀状出しましたか/誰に何枚出しましたか/何故出したのですか/あなたの考える年賀状の利点は何ですか、とある種、想定問の範囲内でしたが…

 

年賀状を出す最大の理由は、手書きに想いを込められるからだと私は考えています。プリントしたものでも、何か文字を書いて、そこに想いを込めて。

言霊思想と言われるかもしれませんが、実際に手を動かして書いた文字には、メールやLINEの文面以上の何かがあるように思えます。

 

当然ながら、毎回手書きでレターセットを使用するには時間も資金も限りがありますので、電子媒体でも相手への想いが伝わる文章を書き続けるべく精進しますが…

今後も、自分の手書きの文字から想いを伝える文化は、引き続き大切にしたいですね。特に、大事な相手に対しては。

文化人と眠り猫の日

今日は建国記念の日

明治憲法の公布や、或いはこの日を祝日にする為にご尽力された先人達を思えば、ただ惰眠を貪るまい…と昼から外出。

 

本郷では東大構内の三四郎池を見に行ったり、NIKKI Cafeで勉強したり。

f:id:aMikadoOnUSA:20190211231914j:image

三浪・四浪と縁起が悪い」と高校時代近寄らなかった池ですが、在学中もあまり近寄らなかった気がします。

冬だと、逆に落ち着きがあって良いですね。

 

そのまま、東に歩いて行きました。

f:id:aMikadoOnUSA:20190211232352j:image

湯島天神では梅まつり。折角なので、学問の神様に己と学生の友人のお願いを。

 

上野公園の千本鳥居こと花園稲荷神社五條天神社にも。千本鳥居を2日連続でくぐったのはお初です。

f:id:aMikadoOnUSA:20190211232820j:image

大切な縁を守りつつ、己の手でより発展させていきたい。神に願うと同時に、日々仕事に勉強で己を高めていきましょう。

 

そして目的地の東京国立博物館に。明朝体でも有名な、顔真卿の展示会が行われています。

f:id:aMikadoOnUSA:20190211234500j:image

こちらは顔真卿ではなく、唐の玄宗皇帝の作。これのみ館内で撮影可なのですが…いやはや、スケールが違います。

 

顔真卿の公式図録も購入。図録のみならず解説も充実しており、歴史好きも楽しめます。

f:id:aMikadoOnUSA:20190211234744j:image

ややミーハーかもしれませんが…大切な想いを込めて手紙を書こうかな、と。

パソコン打ちも良いですが、やはり大事な方は手書きの文字を贈りたいですね。

 

そういえばニッキカフェの店員さんと会話したところ、可愛らしい三毛猫(参考 http://toarujimukata-s.hatenablog.jp/entry/2017/11/28/201300)は行方不明とのこと。

居なくなった当時、彼女を探す為に作ったビラも見せていただきました。店員さん同様「要領良い子だったから、きっと上手くやってます」と信じたいものですが…

 

他方で、鯖トラ猫の銀くんは居眠り。

f:id:aMikadoOnUSA:20190211235739j:image

2匹一緒に飼っていた頃から銀くんはマイペースだったらしく…1週間居なくなったこともあったとか。確かにあまり見たことがなかった。

それにしても、三毛猫の彼女に比べると少し太…ふくよかですね(笑)

 

…別れもあれば、出会いもある。

叶えたい夢、大切な信念と共に、また明日からも頑張ります。

肉とカスハラ/逆カスハラ

土曜は仕事の関係で外出後、2/9→「肉の日」ということで牛鍋を。

こちらも「夫婦の日(2/2)」と「いい夫婦の日(11/22)」同様、「いい肉の日(11/29)」とややこしさはありますが、いずれ将来に温かな食卓を囲めればよいかな、と。

 

購入した牛肉のパッケージには「命をいただいている。その思いで丹精込めて飼育しています」というシールが。

「いただきます」と食前に言う文化も、一時期気恥ずかしく思った頃もありましたが、最近は自然に思えてきたり。

 

ともあれ、畜産家の方々のご尽力あっての食卓です…感謝の心は忘れずに。

畜産クラスター事業というのもよく耳にしますが、是非皆様を応援できるように展開されれば幸いです。

 

夜には髪を切りに美容室まで。積もらなかったとはいえ、雪降る夜に失礼しました。

「ブログ、2日に1回は書いているんですね!」と言われ少し嬉しくも。Facebook非利用の大事な友人にも近況や価値観を共有できるように、引き続き頑張って参ります。

 

やはり美容師さんも接客業、話題のカスハラというキーワードには敏感のようです。

先に述べた通り、世は持ちつ持たれつ、冷静に考えれば主客の逆転時にどういう思いをするかはわかる話なのですが…

 

日曜は、仔細は仕事の関係故に伏せますが、私個人として逆カスハラと思うような場面に遭遇しました。

逆カスハラ、つまりサービス提供側が過剰防衛するというものですね。永田町の謎文化というか、特権意識的な蔑視というか…

 

アイドルの握手会なら、握手の「はがし」含め多少の強権的な対応も、進行の為ならばやむを得ないと思います。オールOKとは言いませんが。

されど、政治とは支持者の皆様、信じて下さる皆様あってのもの。その眼前で、不遜な態度をもてなす側の運営が取るのは如何なものかと。

 

以前からどうも民間の接客業との感覚のズレ、人手不足どころか余る状態で人員配置ミス等、色々と思う部分はあるのですが…

それに気疲れするのではなく、「自分が采配をとる立場になったら二の舞は演じない」というプラス志向で考えましょう。

 

…心を落ち着ける為にも、夕方は千本鳥居に。

f:id:aMikadoOnUSA:20190210235632j:image

願いは変わらず、願いを叶える。

さて、明日は休みつつも、新しい分野の勉強もしましょうか。

雪降るシーソー

世間はすっかり3連休ムードですが、週末には雪が降るそうです。

土日に仕事関係の外出があるので、派手に交通障害が出なければ良いのですが…

 

金曜は、某省庁の方からヒアリング。

最近、ヒアリングと書くと役所を呼び出して多人数で詰問する、かの「野党合同ヒアリング」を思い浮かべる方が多いようですが、与党側のヒアリングです。

 

政策立案にあたりどれだけの実態調査がなされたかというのは重要ですし、意見を不偏不党で聞いているかは気にせねばならないのですが…まず調査対象を捕捉するのが一苦労です。

特に特定地域に対象が集まっていないケース。そういう時に団体、聴取対象の方々をまとめる組織があるのは非常に助かります。

 

が、この団体・組織の公平性に疑義があると、また話がややこしくなってきます。

属さない方々、時にはアンチの方を、また別途捕捉しないといけない苦労が発生。

 

…それでも、やらねばならないのですが。

こういったバランスというのは、本当に難しいですね。

 

ともあれ首都圏、永田町も雪が降りかなり寒くなっております。

皆々様、仕事や学業等あると思われますが、ご自愛下さいませ。

headache

第二次補正予算成立を迎えた木曜でした。

 

とはいえ、本番は金曜からの来年度当初予算。まだまだ早起きが続きそうです。

引き続き、審議の状況や各地の選挙準備、各種報道をチェックしていきます。

 

さてさて。

 

警察庁のまとめによると、昨年1年間の刑法犯の認知件数は817,445件、前年度比−10.7%と、4年連続で戦後最少を更新したようです。

これだけ見ると数字のトリックというか、安心という名の油断をしてしまいそうですが…

 

多くを占める窃盗や器物損壊が10%以上も減少しているだけで、DV相談件数は77,482件、前年度比+6.9%…むしろ過去最高。

被害が目に見えにくいものですから、いじめの件数同様に認知してない分を加算すればもっと増えるのかと…

 

大事な知人に被害者もいるので、DV関係は特に何とかしたい分野です。

他者目線、思いやりというものがより尊重されれば良いのですが。

 

児童虐待児童相談所への通告件数も増加したそうです。

虐待といえば、野田市で発生した親も、児相の対応もあまりに酷過ぎた件が世間の注目を集めています。

 

SOSの手紙を、よりによって虐待している本人に見せるとどうなるかというのは、社会常識があれば分かると思いますが…

物心ついても親子に逆らえない実力差がある、親に嘘の手紙を書かされた可能性くらいは予見すべきでした。

 

マンパワー不足等は私もいち事務方として同情しますし、そもそも悪いのは親なので児相だけを批判はしませんが…

やはり人命が失われた件、猛省かつ再発防止なく幕引きはあり得ないかと。せめて、次の犠牲が出ないように。

 

人材の地域格差というのも悩ましい話題です。

医師の他、こういう弱者を守る時にこそご活躍いただきたい弁護士も偏りが激しい職種。最多の東京は19,576人、最少の鳥取は僅か66人。

 

あれこれ考えていたら頭痛気味なのでここまでにしますが、

問題意識、様々な面から物事を捉えるクセは、この先も大切に、忘れないように…

なりわい

慌ただしくも、少しずつ段取り通り物事が運ぶ火曜・水曜でした。

予算審議の裏で、別件も舞い込んで来ました…結構前にはなりますが、昨年の教訓を活かしてしっかり対応したいですね。

 

仕事関係では、建設関係の調べ物も。

 

品確法と言われ、何故建設業の文脈で住宅関係の話(住宅の品質確保の促進等に関する法律)が来るのかなと調べたら、別な法律(公共工事の品質確保の促進に関する法律)だったようです。お恥ずかしい。

国はさておき、都道府県や市町村のレベルではまだまだ発注側に周知されていないという話も耳にしました。

 

建設業の週休二日制も業界団体で自主的な取り組みが進んでいますが、単に休日を増やすだけで個々人の稼ぐ額が減っては意味がない話と、課題もあるなど。

他にも多々課題はありますが…災害時の復旧やわが国の課題たる国土強靭化に欠かせないのが建設業の皆様のお力。種々の難題にも共に立ち向かって行きたいものです。

 

他にも歯科衛生士、看護師の方と話をしたり。

それぞれその道のプロ、歯磨きレベルから業界ならではの課題まで、色々参考になる話を拝聴出来ました。有難い限りです。

 

この仕事をしていると、職業に貴賎なしという言葉が非常にしっくり来ます。

ありとあらゆる職業がジグソーパズルのピースのように合わさって世間という一枚絵を作っており、何かひとつを持ち上げたり蔑んだりするのは違うと思います。

 

引退で騒がれるアイドル等も、華やかに見える裏でストレス等と戦っていたりする。

一見「好きなことして生きている」ような人もそれぞれ課題がある。ついつい盲目になりがちですが、他者目線に立つことが重要ですね。

 

私と違う道を歩んでいる方とも、どこかで道が交わる、時間が重なるかもしれない。

その時の為に…今後も精進していきましょう。

心、寄り添う

立春を迎えポカポカ陽気…かと思えばまだまだ肌寒い夜の月曜でした。

 

昨年は「春は名のみの…」と早春賦が浮かんだ位ですから、昨年よりはマシといったところでしょうか。

少しばかし元気なのか気になる友人らも数名いますが、過度な心配は迷惑というもの。便りをじっくり待ちましょう。

 

いくらか書類を整理したり、音声データを文字起こししたりしながら、考え事を。

 

「貴方は◯◯に賛成ですか、反対ですか?」と尋ねられた際、この◯◯をよく知らない人々はほぼ賛成とは答えません。

ナントカ都構想然り、よく分からないものには反対or棄権をするものです…だからこそ、賛成派は「何故賛成か」しっかり説明しなければならない訳で。

 

反対する人の中には、原理主義者のように絶対に反対!の人も居れば、知らないから反対だという消極的な人も居ます。

大事なのは十把一絡げに「反対派」とはせず、何故反対なのかを知って寄り添うこと。

 

たとえば、キリンが「コーヒーはBOSS派ですか、FIRE派ですか?」とアンケートする場合、BOSSに決まってるとの回答ばかりが寄せられても、めげて終了ではありません。

今度は「FIREがこう苦味・酸味が増したら/買うとPontaポイントがついたら/容器のデザインや形が変わったら、購買意欲は変わりますか?」と問うて、条件付き賛成の線引きを探します。

※消費者モニター参加歴の長い私も、確かに最近のアンケートはこの条件付き賛成の線引きを探るタイプが多いと感じます。

 

対人関係においても、似た話が言えるかもしれません。意見が違うと突き放すのではなくて、そこでどう一緒に着地点を見つけるか共に模索することが、大事ではないかと。

キレること、諦めることは誰にでも出来ます…そうではなく、寛容で、大切な他者の気持ちに寄り添える人間でありたいものです。

 

さて、週末の日程を考えていたら、顔真卿展に日本では二度と見られないかもしれない?貴重な展示品があると聞いたので、ちょっとした物好きとして連休に足を運ぼうかと。

書道は小2で軽くやった程度ですが、やはり字を書くのは好きですし、他者が想いを込めた字を見るのも好きです。

 

…私も、一画一画に想いを込めた字を書きたいですね。

火曜も朝早いので、ここまでに。

ある節分の日

日曜日はゆっくり休んだ後、六本木方面に。

 

というのも、出雲大社の東京分祠が六本木方面にあると聞き、以前から行ってみたいと思っていました。

f:id:aMikadoOnUSA:20190203225320j:image

賑やかな六本木の街の裏道に、ひっそりと。

階段を上ると小さな手水舎と祓い社、社務所等もありました。

 

願うことは、誰よりも大事な方との縁を大切にしたい、その笑顔のためにより一層頑張りたいということ。

…神頼みだけではいけませんので、引き続き手を動かして勉強していくと共に、人智を超えた運の部分も味方でありますよう。

 

社務所でお守りを買うと、福豆を貰ったり。

そう言えば今日は節分でしたね。参拝の帰り道に、恵方巻を準備することに。

 

近隣のコンビニやスーパーも恵方巻商戦、農水省の食品ロス防止の取り組みも、あまり意味がなかったのかなと少し思ってしまったり。

廃棄することなく明日までに売り捌いてくれるならば構わないのですが…

 

ともあれ、福豆と恵方巻をいただくことに。

f:id:aMikadoOnUSA:20190203231326j:image

恵方巻は海鮮系の物に。海鮮系が好きだというのもありますが…

今年に「改選」を迎える参院の先生方のご健闘を祈り、そして私も自分自身を「常に改めて」「道を選ぶ」という願掛けも。

 

恵方巻を食べながらこういう話を考える方も、なかなか居ないかもしれません。

ただ、常に将来に向けて前進する友人、誰より大切な方に負けぬように、私も仕事に勉強と手を抜かぬ、その気概で邁進して参ります。

Voice

平日の疲れをしっかりと取れた土曜でした。

こうのんびり出来ることも当たり前ではない…日々感謝を忘れてはいけませんね。

 

昼からは準備をして、先輩にお声がけをいただいた、声出しのボランティアに。

先輩のお父様と一緒に、車に乗り込むことに。志願しておきながら少しばかし緊張も。

 

ボランティアながらも、しっかりと声を出してお父様と2人、4時間近く勤め上げることが出来ました。

ちょっとしたハプニング?も、見方を変えれば貴重な経験。本業が事務方の私で良かったかもしれません(笑)

 

勿論、ボランティアを1回やったから満足したということはありません。

己が知識・経験を活かして人の為になるというのは、やはり嬉しいものです。また近いうちに是非参戦したいですね。

 

夜は贔屓の飲食店に行ったり、近場で友人達に会ったり。

それぞれ冬に負けない活気がありました。私も見習って、しっかりしないといけませんね。

 

そういえば2/2は「夫婦の日」でした。

11/22の「いい夫婦の日」とややこしさもありますが、昭和末期の似たような時期に提唱されたようです。

 

まだ夫婦には程遠い身ですが…大事な人を思いながら日々額に汗を掻く。

先輩や友人らの家庭も理想形のひとつに、前へ進んでいきましょう。

 

それに関連し、日曜はちょっとした外出を。

前々から興味あったある場所へ。なかなか実地に行くことができなかったので、足を伸ばして参ります。

 

時に待ちながら、時に想いながら。

2月が、有意義になれば嬉しいですね。