とある事務方の備忘録

いち事務方の「私はこう考える」ブログ

浅村

ASMRという言葉をよく聞くこの頃です。


wktk、ktkrが流行った時代からのネットユーザー故、最初は「浅村?野球選手か?」と思ってしまいました。同じ発想の方が案外いるみたいで。
正しくは Autonomous Sensory Meridian Response、ざっくり言えばリラックスできる心地よい音(・映像)の類です。


動物ASMRでおススメなのは、やはり長崎バイオパークでしょうか。
カピバラ自体がユーモラスで可愛らしいのは言わずもがな、カピバラvs巨大カボチャ等、動物園ならではの食事企画が面白いものです。


…と、プロがやっているものはいいのですが、ようつべ(youtube)を眺めていると、ちょっと疑問に思う素人動画も見かけます。


人間感覚だと新鮮なフルーツはご馳走、家族であるペットにも与えたい、と思ってしまう気持ちはよくよく分かるのですが、
動物によっては、果糖/水分を摂らせて良いのか?等、色々考えねばならないこともあるはず。


どの動画を疑問に思ったとかは、ここでは開陳しませんが…


「与えすぎないように気を付けています」「この後投稿主が美味しくいただきました」というフレーズも、何度も指摘を受ける→都度使われていると説得力がありません。
雑食のハムスターはさておき、デリケートで食事・環境に気を払うべきチンチラに大量の生フルーツを前に置くのはダメだとか、チンチラ未経験の私でも気付くのですが…
※ハムスターは確かに雑食ですが、トンカツやあんこを突っ込む某所のダメ動画を肯定する気は毛頭ありません。ちなみに我が家はペレット主義です。


ASMRの流行に乗ってみたい気持ちも、(コメント欄のやや穿った見方のひとつですが)再生数を伸ばしたい気持ちも分かりますが、
ASMR動画の為に動物にフルーツをあげるのはあまり感心しない、とにわか飼い主は思いました。


かくいう自分も友人に一度、ハムスターに関して人間の理想、エゴを押し付けてはいけないと指摘されたことがあります。

f:id:aMikadoOnUSA:20201021103319j:image
今は仲良く遊んで、仲良く寝ていますが、この先もずっとこうだとは限りません。
くれぐれも、ミイラ取りが…とならないように。


ここまでに。

smooooch

最近すっかりソウルジェムが濁る(アニメの比喩表現)話ばかりなので、この日記はハムスターの話だけをお送りします。

 

今年からは同居人ならぬ、同居ハムスターズの為に21〜24度維持、という秋冬です。

f:id:aMikadoOnUSA:20201019213348j:image

牢名主ならぬハム名主、ゴールデンハムスター♂ のちゃまさん。

「ハムちゅぐら」(ジュート縄の巣)を与えると、横に倒す+中にケナフ材を運んで勝手に温かい寝床を作り上げました。

 

餌皿に餌を補充すると…2分後には空に。

f:id:aMikadoOnUSA:20201019214030j:image

すぐに頬袋を満杯→寝床の近くまで運搬。

巣からひょっこりの横着な食事タイムも許されるのがちゃまさんクオリティ。

 

ジャンガリアンハムスター♀のゆうちゃんには特段変わりなく。

f:id:aMikadoOnUSA:20201019214248j:image

ケロリンの真ん中の穴にも落ちないくらい成長してくれました。

※高低差を警戒してくれる子なので、ちゃまのようにジャンプはしませんが、転落しないかはちゃんと見ています。

 

餌も補充するとがっつきます。

f:id:aMikadoOnUSA:20201019220423j:image

肥満が心配な時期もありましたが、真夜中にずっと走っているので、まあ大丈夫かな…

※ちなみに先程の写真の左上は「ビラ・勧誘お断り」の我が家のポスト内に投函されていた、拡声器を持ったおばさんが印刷された謎のビラ。

 

新入りも我が家に馴染んできたのでご紹介。

f:id:aMikadoOnUSA:20201019214636j:image

ロボロフスキーハムスターを某所里親さん募集よりいただきました。

 

左の白いハムスターは正直に動いたり指を噛んだり素直なリアクションなので「すなお」、

右の灰色のハムスターは逆に飼い主に塩対応を連発するので「しお」と名付けました。

 

しおさんはすなおさんと遊びたいらしく、ひたすら追っ掛けてじゃれつくのですが、

f:id:aMikadoOnUSA:20201019215233j:image

すなおさんにはあっさり振り払われ、

f:id:aMikadoOnUSA:20201019215238j:image

回し車で横転したりと散々な扱い(笑)

 

それでもあちらこちら一緒に行動。なんか通じ合うものがあるのでしょう。

全く血縁のない2匹が仲良く巣を駆け巡る様子は、実に無邪気で可愛らしいです。

※ロボロフスキーとはいえ喧嘩しないかは心配事項。在宅時は常にチェックしています。

 

唯一の欠点はトイレを覚えないこともあり臭うことですが…適宜空気清浄機を回したり、人間側の工夫で何とか。

回し車はちょくちょく磨かないと走れなくなりそうですね(泣)

 

ともあれ、新入り含めてハムスターズファーストで秋冬を乗り切りましょう。

学ばぬ者

サンキューハザードは必要か否かと問われれば「不要」と答える今日この頃です。


こういった考えに至ったのは、「バイク乗りだから無関係」ということではなく(最近は特に物資運搬の都合でレンタカーも使います)、
「ハザードを押せば前に割り込んでいい」的な方々に数度割り込まれた経験でしょうか。


バイク乗りとしては、(バイクと違い、四輪は窓から出す必要がありますが)力士のように手刀を切るのも申し訳なさがわかりやすい、と思いますが、
結論は、ハザードを押したい人は押せば/押さない人は押さないでいい(乱暴な割り込みがなければいい)でしょうか。
※そんなことより渋滞で四輪と四輪の間をすり抜けるバイクを何とかしろ、あれ本当に鬱陶しいしスピード違反より遥かに危険(バイク・四輪どちら目線でも勘弁)。


表現の自由先進国?のフランスでまた風刺画事案があったようです。前提として、テロ=暴力に訴えるのは論外としても…
「気にする人は退場を促した」という情報もありますが、そもそも絵を扱うなとは思うところです。


日本でも西の方で、ヒョウ柄ズボンを穿いたおばちゃんのポスターが話題になっていました。イラつくのは仕方ないかと。
絵の作者の思想信条についてはさておき、この風刺画?で票が入ると思うのはちょっと政治的センスがない、というのが正直なところ。


件の都構想については門外漢なので判断しかねますが、ポスターの効果むなしく、賛成が先行という話もあります。いずれにせよ現地判断が尊重さるべき。
ただ…いち個人としては、必要性のあるものも無駄だからなくしましょう、という「身を切るブーム」が再燃・全国波及しないで欲しいものです。議員の定数とか。


ここまでに。

捕手ですか?

弔意を示すかどうかが話題の今日この頃です。


教育関係に詳しい石渡嶺司さんの解説を読めばだいたい解決(過去例の合同葬の例に鑑みれば特段問題なし)だと思うのですが、
持論の正しさにこだわる方は「教育分野の人間だから憲法は分からない模様」と吐き捨てるようで。お疲れ様です…


「先例にはとらわれない方針と矛盾する」という主張も拝見し、冠婚葬祭周りの話すら改められるべきと思われる=ムダ視されてしまうご時世なのか、と思う他方で、
改革云々から、某試験には「貴方は保守ですか」という質問があるという話を思い出しました(ちなみに私は受けていません)。
※「いいえ、学生時代は捕手ではなくライトでした」「おまえ、右翼はあかんで」という、今は亡きアン○ャッシュ風のブラックジョークもあったりします。


案外難しい問いでして…自分自身では、私は保守だ(最近流行っているリベラルではない)と思っていますが、
全部変えるべき所は変える、変えなくていいところは変えない、というスタンスだと二の句で説明する形になるでしょうか。


ともあれ、式典は明日。
つつがなく終わることを、長らく最前線で戦った故人が安らかに眠れることを願っております。


別な記事で、元芸人さんがアマゾン森林火災から、環境問題で発言しているネタを観測しました。
現役芸人の友人を持ち、界隈の苦労を知る身としては、実力不相応の振る舞いや売り込み方をよく思わない方ですが…それはさておき。


環境相ステーキ発言のときにも記事を書きましたが、「環境の為に牛肉食を減らせ・やめろ」の類のネタは、どうもしっくり来ません。
全否定はしませんが、これで畜産業を攻撃するというのなら、逆の声を上げざるを得ないものです。
※和牛利権がどうこう言ってきた際に、こちらも大豆・フェイクミートビジネスが〜というカウンターが組めないか、等。


アラサーの自分もまだまだ発展途上、知ったか/さしすせそで誤魔化すケースがあるなど、まだまだ勉強することがある身ですが…
元芸人さんの消えないように存在感出したい気持ちは分かれど、北欧の誰かさんのように勉強不足・経験不足が過ぎやしないか、と思いました。


そう言えば、北欧の誰かさんがどうこう言われていたノーベル平和賞、今年はWFP(国連世界食糧計画)が受賞したのですが、
海外で活動している高校同期の友人が現在、このWFPに居るということをFacebookにて知りました。改めて、おめでとうございます。


彼の海外での活躍、ほか友人知人らの活躍を見る度に、負けてられないと踏ん張れるものです。
感謝を忘れず、引き続き業務に。

また撒きますか 撒きませんか

洗濯をしたいのに数日雨予報で頭を抱える今日この頃です。

 

毎度毎度ですが、なるべく文明の利器、コインランドリー様の利便性には頼りたくないところ。天気を選ばない分、時間と利用料コストがついてくる。

ポケモンGOで歩いていると案外近場に数件あるのが分かり、ついつい依存したくなるのですが…梅雨時や緊急時など、例外に限りたい物です。

 

例外に限りたい話といえば…

 

18歳+浪人生に現金を配れ、全国民に現金を配れ…というネタを最近耳にします。

万能下の句「それにつけても 金の欲しさよ」を座右の銘とネタにする

私ですら、自分自身や身内が貰えるのか否かはさておき…どちらにも消極的です。

 

先の特別定額給付の混乱再来は避けねばならず、仮に線引する場合には公平性の考慮も必要で、

前者(18歳等)は高校入試受験生だって迷惑被っている…と、まだまだ整理する課題が多々。

 

何より前回の4月〜6月からあまり時間の経過もなく「おかわり!」を許すのは如何、と。

都合良く理由をつけて「おかわり!」と叫ぶ若者や中年が増える→社会が自助努力を怠るようになる…貧困支援ビジネスNPOの誰かさんは喜ばれるかもしれませんが、これが国や社会として望ましいのかな、はて。

※特定の人物への個人攻撃をしているつもりはありません(笑)

 

いずれにせよ、補正予算編成/総選挙を理由に軽々しく議論→実行されないことを望みます。

 

本当は「浮気ではない、上位互換が現れたから乗り換えたが正解だ」という変なネタを観測したので、そちらをネタにしようと思っていましたが、

港区女子シリーズ同様、身体を張ったギャグ?に笑わないのはむしろ失礼なので…ボツ(笑)

※「私の心理を読みたいなら東◯レを読め」と勧めてきた変な人もいたなぁ…いやいや、理解のしようがないねぇ…(遠い目

 

ここまでに。

からたま

10月もゾロ目の10日が過ぎ、色々やる事が。

 

台風後の晴れのタイミングで、衣替えでクリーニングに出したジャケット・スラックス・ワイシャツを引き取りに。

総額7500円程度ですが、長い骨休めの前には必要な出費です。他にもさりげない気遣い、クリーニング屋のおば様おじ様、有難うございます。

 

他方、おじ様に春にクリーニングを頼んだ長袖ワイシャツ3着に取り違えがある?という言われ…そう言えば先日、まったく首が入らないシャツがあったような…

慌てて帰宅→サイズの小さい3着と私のワイシャツ3着を交換…無事に帰って来て何よりです。

※体重は減ったのに首は太ったのか?とガチで凹んでいたので、本当に取り違えで良かった(泣)

 

ちょうど新しい請求が来た、電気代の支払いも。

エアコンで同居人ならぬ、同居ハムスターズの体温調節をした猛暑と違い、請求額が再び3000円未満に戻りました。よきよき。

 

これからの時期は暖房代。私自身は暑がりですが、ハムスターズはそうはいかない。

自分が大丈夫だからとケチらずに、適当な温度を維持したいですね。

 

たまにはがっつり…と、こんな夕飯も。

f:id:aMikadoOnUSA:20201012222723j:image

最近関東圏でフランチャイズ展開中の「から揚げの天才」にてからたま(から揚げ+卵焼き)を。

卵焼きはほんのり甘め、他方から揚げはクセになる味付け。これは売れますね。

 

スーパーで安売していた「ラクトフェリンヨーグルト」(森永)も買い溜め。

「ナチュレ恵ビフィズス菌SPヨーグルト」(雪印)とはまた違った美味しさ。ヨーグルトによる整腸習慣はしっかり継続したいですね。

 

今年は夏への祝日移動で、土日休しかない10月。

上手く身体を休めながら、仕事に、プライベートに邁進していきましょう。

 

ここまでに。

海苔弁の怪

台風接近からか、天気の荒れた日でした。

 

仕事でも色々と混乱や、失敗も。

時に凹みつつも、逃げ出さず、しっかり前に。

 

出来合いの弁当を食べたいなぁ、そんな事を考えていたら国勢調査で海苔弁しました」というネタを観測しました。

そういえば国勢調査の封筒が来たことをネタにした日記、まだ書いてなかったので、今回はこれを。

 

率直に申し上げて、政権を支持する/しないは思想良心の自由、絶対的自由ですが…

統計法云々は言わずもがな、調査員の方など他者に迷惑がかかる行為を自慢する、というのは如何なものか。

※私からすれば、義憤を言い訳に選挙ポスターに落書きする位、幼稚な行為としか見えませんが…

 

何事もエコーチェンバー効果万能論で説明をしてはいけませんが…

それを写真ごとアップして自慢する心理というのもどういう環境で暮らしたらそうなるのかな…と理解できません。

 

ちなみに、ズボラで某社の郵送アンケートを投函し忘れた私も、国勢調査は事務方として速やかにオンライン回答しました。

20問前後で、マク◯ミルGM◯リサーチに比べると凄く回答し易いですし(笑)

 

…この国勢調査・日本人人口が投票価値戦争、一票の較差問題のベースになると思うと、統計法がなくとも疎かには出来ませんね。

私は合区解消派、参院の較差是正要請を緩めたい側(謎の行進をしているナントカ国民会議を敵視する立場)ですが。

 

一部の方々のせいで、海苔弁への風評被害があってはいけません。

海苔弁の汚名返上を口実に、海苔+白身魚フライ、久々に食べたいなぁ。

 

ここまでに。

自分さえ良ければ症候群

色々と呆れて仕方がない今日この頃です。

 

一番は、今話題の鳥貴族の件でしょうか。

貴族焼大好き鳥貴族ユーザーとしては、日頃お世話になっている店でこう巫山戯る方々が多いことに、大変呆れ返っております。

 

敢えて「悪用」と書きました。鳥貴族の価格設定/ホットペッパーやら農水省やらの立て付けが悪い、という言い訳が来るかもしれませんが…

仮に穴があってもそれを突いてポイントマラソン?と調子に乗る、飲食店に対しリスペクトを持たない下衆が一番悪いに決まってるでしょ(呆)

 

※追記 週内にコース限定に変更とな。そらそうよ。

 

飲食店といえば、トラブルを自分側に都合良く取り上げて炎上させた人もいました。

本人も、何が凄いのか分からないブロガーも、他人を焚き付けておきながら暴走の責任は取りません、と素で言える様に、空いた口が塞がりません。

 

ノーマスクマンの案件もそうでしたが、百歩譲って(根底にあるのは意地やプライドを傷付けられたという傍迷惑な勘違いであっても)問題提起するのは構いませんが…

乗客/常連や利用客=喧嘩相手以外の他人様に迷惑をかけることに躊躇しない辺り、社会性・人間性を疑わざるを得ないものです。

 

「自分さえ良ければ」

 

こうした考えで喋る/動く人、そこに恥や罪悪感を持たない人が増えたのか…何を間違ったのか、呆れと同時に頭痛も。

反面教師、他山の石…更に厳しく言えば珍獣に遭遇したと割り切って生きられれば良いのですが…

 

次の珍獣被害者は私かもしれませんし、

珍獣思想が身内や子孫に伝播することは何としても避けねばならない。

 

話がどんどん拡散し、ストレスが益々溜まりそうな話が多いこと(泣)

長生きする為にも、少し休憩をしてからまた考えていきましょう。はぁ…

 

ここまでに。

懐かしい思い出(笑)

例の会議の話など、ちょっと心中がスッキリしない今日この頃です。

 

(4年前にも難色を示した事例があった?とはいえ)何故今回は通さなかったのか?巷で言われる「◯◯法に反対したから」と単純な理由なのか、前政権の引継ぎ事項なのか?といった所もありますし、
騒ぐメディアに対する若手教授や前都知事の「会議は国会というより全人代」「『全学者を敵に回した』とか代表面するな」という意見も気にかかる所。

 

一個人の意見としては、後者の側から、これを以て「学問の自由が侵された」と騒ぐのはちょっと違うように思います。
前者の側、理由がはっきりしない面もありますし、すぐに憲法ネタに絡めたがる=憲法違反と騒ぎたがる癖がある人もいるので仕方ない、とはいえ。

 

あまり前に出過ぎると、予算がどうだとか、どうして日本での軍事研究はダメで日中共同研究(中国での軍事転用)はノータッチなんだ?とか騒がれるので…そろそろ手打ちにした方が。
※この辺りも反論を用意しているかもしれませんが…ナントカの不自由展みたいに「いんてり界隈の理屈」で説明をすると余計に反感を招くんじゃないかな、とだけ。

 

ふと、最高裁判事でも候補者名簿云々があったような…と思い出したり。
弁護士枠が減った!官邸が!よくも刑法不可付けてくれたなコノヤローとその手の方+私が騒いでいたような気もしますが…今となっては懐かしい思い出(笑)

 

断食?についてはノーコメントで。
雇い主と似た者同士なのかもしれませんが、パフォーマンスがお得意なようで…

※某役所の方々と酒の肴にしたのは内緒…役所の方々の方が、結構キツいこと言っていたような(笑)

 

詳細は水曜木曜の委員会…といった形でしょうか。静観ですね。
ひとまず、ここまでに。

頭痛が痛い日

久々に頭痛に悩まされる夜でした。理由は分かっているので、再発防止に努めたいものです…

※要は二日酔いですスミマセン。

 

酒の席では、海外旅行で見聞を広めることをライフワークにする先輩から、アフリカ旅行話を聞くことができました。

暑い中でエチオピアを西へ南へ動き回り、市場ではパイナップルをその場で切ってもらって喉を潤した等、リアルな話を多々聞けました。

 

「コロナが落ち着いたら、また行きたいですか?」

「『収束』は所詮、西欧や日本とかの基準、価値観だから、二度と行けないかもしれないな…」

 

そう語る先輩は、少し物悲しそうでした。

いち個人がどうこうで事態が好転する話ではありませんが…少しでもと、祈るばかりです。

 

頭痛に悩まされながらも、夜にはちょくちょくハムスターズの砂場の掃除、餌の補充を。

f:id:aMikadoOnUSA:20201004183613j:image

ちゃまさん(ゴールデン♂)は4月生まれ、そろそろ半年になります。片手からはみ出るくらいに大きく育ってくれました。

最近は何故か砂場に床材を運んで寝る、という謎の習性を覚えてしまいましたが…元気に暮らしてくれるならば、まあいいかなぁ(笑)

 

f:id:aMikadoOnUSA:20201004183828j:image

ゆうちゃん(ジャンガリアン♀)は5月生まれ。まだまだ生意気、まだまだ食べ盛り。

臆病さは抜けて、床材を弄ったり餌を取り替えたりする手に近寄ってきたり、人懐っこい子です。

 

またちょっとした、新入りを預かりました。

ちゃま・ゆうも新しい子達も、分け隔てなく責任を持って育てたいですね。

 

家計簿やカード明細を見ていたら、余計に頭が痛くなりました。

最近使わないのにonになっているマイクロソフト365等、出費は適宜見直しましょう…今月は緊縮です(泣)

 

ここまでに。