とある事務方の備忘録

いち事務方の「私はこう考える」ブログ

異次元

国会がスタートしたので筆不精を猛省することを検討するよう前向きに視野に入れて善処するように努めることに注力したいと思います。

…これはブラックジョークですが、物書き仕事もありますので、どんなに疲れても何かしら文章を書くことは大切ですね。 

 

ここ最近、異次元の少子化対策というキーワードをよく聞きます。

表現の是非はさておき、「政治人」としては諸手を挙げて歓迎するものの、「未婚男性」としては少し思う部分があります。
聞けば聞くほど政務官殿の「生産性がない」というフレーズが頭を飛び交うのは、被害妄想が過ぎるのかもしれませんが。

 

女性といっても色々な方がいます。正社員でバリバリ仕事をするキャリアウーマンと、パート・アルバイトで生計を立てる人のニーズは異なりますので、そこが一緒くたにされていないか。


子供を産むことの経済的負担はもちろん、身体的ダメージ(産前・産後のメンタルケア、分娩自体の苦痛)をどうするのか。

出産見舞金を上げたら入院費も上がった?という話もありました。妊婦やその周りは金銭・身体的負担があって当たり前と思われてないだろうか。

 

アンテナを広げた結果、色々な女性と出会いました。

産みたくても身体的なタイムリミットが迫っていると焦る方も居れば…火遊びの果てに望まぬ妊娠をして手術を受けたけどまだ遊び足りないよ、という方もいる。
前者についてどう治療負担を減らすのか、タイムリミットに焦る方をどう減らしていくか。後者の命は女性の権利を優先して命を摘み取っていいのか、性犯罪被害者と棲み分ける必要があるのではないか。

 

そもそも結婚への支援をするのか、子供を増やすのか。婚外子がかなり少ないわが国では、結婚支援すなわち出産支援と思われがちですが…
伝統的価値観に逆らっても、逆にお国の為という考えだと言われても、科学の力で独身女性+子供を増やすという手も必要なのではないか。

 

お見合いに代わるマッチングアプリでいいのか…成功例もあるでしょうが、あまりお見合い的な機能は期待できないように思えます。
本当に「適当な相手に巡り合わない」だろうか。所謂アイドルとの距離が縮まり、男女ともに理想が高くなってはいないか。

 

あまりに検討課題が多い分野ですし、何より効果がすぐに出ない。政権や政党を問わず、長く腰を据えた議論をしなければならない。
下手をしたら私どころか、末弟すら死んでいる時代に効果が出るかもしれない。それでも何かしないといけない。

 

そんなことを未婚男性が述べても全く説得力がないので、昨年結婚した同僚や、若き先輩市議に喋ってもらうことにします。
…パートナーに議論の片鱗を見せただけで、少しプレッシャーで疲れさせてしまいました。こちらは猛省しないといけませんね。

 

ここまでに。

メメントモリ

いつの間にか新年になっていました。

筆無精は猛省せねばなりません。兎角、あけましておめでとうございます。

 

昨年末には問題の大臣の交代や、防衛増税を巡る解散判断、秘書官の疑惑関係といった話題もありました。いずれもセンスのないことです。

本年度の本予算審議はなかなか嵐になりそうです。

しかし、あのNHKに(後任の復興大臣について)誤報を打たせるほど情報伝達系統がおかしいのは…ある意味大したことですね…

 

世代間格差を痛感することがありました。友人に年賀状を送ると、悪目立ちするので紙はやめろ、というお叱りを受けたり。

日本郵政サンが聞いたら泣いてしまいますね。

 

他にも「ショートメールにします」「年賀状じまいだ」という返事をちらほら受けました。時代は変わりましたなぁ、と感じる平成世代です。

確かに63円?のハガキを買い漁るのも、なかなか材料費負担はあるのですが、「年中行事」として割り切っていました。

 

…親類が健康なことは有難いものです。おかげ様でこの20年、わが家は喪中を経験していません。

これからも大事な時間を、大事に扱っていきたいものです。

 

ここまでに。

変わらぬ自然、変わる人間

例年通りの北陸に。

 

檀那寺への挨拶、懐かしのデパートや蕎麦屋訪問、そして旧家跡地と巡った後は、東尋坊へ。

 

f:id:aMikadoOnUSA:20221218105537j:image

まだまだ博士はビッグマスク中。

えちぜん鉄道のアナウンスお姉さんの元気な声は健在でした。

 

f:id:aMikadoOnUSA:20221218105600j:image

坂井市民の憩いの場、三国モスク🕌ふたたび。

いい湯さておき、2階のカラオケも盛況でした。

 

f:id:aMikadoOnUSA:20221218105733j:image

荒磯遊歩道(1年ぶり5回目)。

f:id:aMikadoOnUSA:20221218105839j:image

環境省もまだ直してくれませんでした(泣)

 

f:id:aMikadoOnUSA:20221218105929j:image

始まりの海、終わりの海。

 

f:id:aMikadoOnUSA:20221218105947j:image

悪天候のおかげ?で、久々に一人静かな東尋坊を楽しめました。

 

幼い頃は危ないと祖父母に言われながら踏みしめた岩場も、今では一歩一歩ひとっとび。

自撮り用にカメラを向けると、少し額に軽い皺の見える顔。時の流れは残酷です。

 

変わらぬ自然と、変わる人間に思いを馳せる時間となりました。

またいずれ、必ず。

使いますか?すこすこ砲

土曜国会、という想定外の事態もありましたが、長い臨時国会が終わりました…

 

 

と、息つく暇もなく、防衛増税の話が出ることにカオスを感じています。

何故このタイミングで言っちゃうかな…というセンスのなさや、法人税という税目を出しちゃうところに正直不快感を禁じ得ないです。所得倍増とは何ぞや。


先送りにするよりは潔い、という評価をする方は相当マイノリティかと思われます。

いい加減「根回し」という言葉を覚えてほしいな…と荒波を見て溜息をつく町民です。

 

 

…自称正論も拝見しましたが、公約を掲げてうん万票当選したのだからOK、とか子供の言い訳でしたね。

ケンミジンコレベルでも期待して損しました、国会法とは。


私より二回り上なのになんでこんな「白い原稿用紙を時事ネタ込みで埋めました」レベルのことしかできないのか…

歳出改革を行う流れの中で、無駄な賞与が出てしまったことが悔やまれます。

 

 

 

某・元有名人の結婚を耳にしました。齢25になっても報告コメントに嫌味を感じさせるのは流石ですね。

しかし、お祝いの中に紛れた「元○○社長という肩書にまだ頼るなんて…」というコメントに少し月日の流れ、寂しさを感じました。かつては現在の不登校中学生ばりに、ネット世界の寵児だったのに。


そういえば、彼女を塾生代表選挙で破った前田稔さんはお元気にされているのでしょうか。

広報改革、献血運動、スポーツ振興…エネルギッシュな活動っぷりを見て、やはりあの高校の凄さを再確認するいち先輩でした。でもラグビー・アメフト・ヨットならうちの大学もいい勝負するはず。

 


ここまでに。

こまったおっさん達と私

収穫も、反省点も多い大会でした。

 

平成22年の南ア・パラグアイ戦をリアルタイムで見ていた知人とはPK談義も。

勝ち切ることが大前提として、「陽の沈まぬ国」スペインも涙を呑んだPK対策をどうするか。


兎角、ようやく8年に1回しか勝てない呪い?が断ち切れた。次に繋がれば。

勝者となったクロアチア代表を称えるとともに、土曜からの8強の死闘を見守りたいものです。

 


しかし、

f:id:aMikadoOnUSA:20221208124723j:image
仕事をせずに何故こうしたことができるのか、思考回路を伺います。

N国以外の会派間で意見が一致していないからか動画芸人への対処もトーンダウン気味ですが…どうしたものか。


多様性・少数意見の府とはいえ、頭にワンイシューすらない動画芸人のおっさんが紛れ込む状態というのは…

議運には何とかこの給料泥棒を何とかしてほしいものです。一院制論者がますます勢いづいてしまいますから…

「前例としないことを確認」でさっさと弾いていいかと。

 


この前も自分が最後に乗車したいからか、中年男性にまだ乗れる電車から突き飛ばされるという珍(獣遭遇)事(故)がありました。

乗ったら乗ったで「体位を固定してんだよ」と肘鉄をかましたり、「文句があるなら次で降りろ」だの騒いだり…どうしてこう自分が中心なのか理解に苦しむばかりです。

もしかしたら精神的障害をお持ちなのかもしれませんけど、こうした案件はこちらまでそうと勘違いされてしまうので、公共の場に野放しにしないでほしい。


異常な思考回路の中年男性=おっさんを見ると自分の甘さを恥じると共に、こうした相手からどうわが身や身内を守るのか、色々と考えさせられます。独り身ならまだしも。

急進的フェミニストミサンドリストではないのですが、こうした生産性のないおっさんを毛嫌いするところだけは賛同します(笑)

…「また明日」とか言って去っていったあたり、先述のおっさんはもうダメな部類の方かと。速やかに拘禁保護というか、野放しにしないでいただきたい。

 

土曜まで町のお祭りを続けることが決まり、大変機嫌の悪いところですが…気を取り直して。

ここまでに。

ターンオーバー

12月になりました。

残り31日、まだまだ救済法等、騒がしい令和4年ですが、新年まで駆け抜けたいものです。

 

そしてまさかの逆転勝利おめでとうございます。モラタ選手に決められた折に寝ようか悩んだ方は少なく無いはず…

裏(🇨🇷vs🇩🇪)まで意識してTVを睨んだことはありません、楽しい45m+7mの後半戦でした。技術の進歩にも驚かされるばかり…

 

ネクタイの国クロアチアは(大国に比べると知名度が劣るからか)舐められがちですが、ベルギーを抑えてきた上に、

前回は準優勝、わが国も1998年に敗北、2006年には引き分けの相手と明らかに格上。またまた厳しい相手です。目立たない格上、中米コスタリカのように油断なきよう。

 

 

北区区長選関連のお話。

 

統一地方選に向けた動きを見ようとFacebookを開いたら、地元北区からある方が出ることに非常にがっかりした月末でした。

他方で、高齢化が加速する=ターンオーバーの必要性がある中では、こうした人でも「後援会が望めば」擁立という決定に至るのは仕方ないのかもしれません。

 

平成29年都議選、北区はファースト旋風で高木都議(現・衆院議員)が落選…同年衆院選で比例当選したとはいえ、古くからの自民支持者には「小池憎し」の思いがある。

故に、令和2年の知事選では自主投票方針に従って白紙等の投票行動をした…一部には、維新の小野・元熊本県副知事(現・衆院議員)を推す声もありましたが、「音喜多憎し」+維新の伸長を警戒する声の方が大きかったと記憶しています。

 

結果は野党系が宇都宮・山本2陣営が立ったこと、連合が現状維持を選んだこと等からも、小池知事が圧勝となったのですが…それを苦々しい思いで見つめる自民党員の前で、

「いや、二期目の知事は強い!」

と、でけぇ声でさも賢しらにお述べになられたのが、冒頭のガッカリさんです。

他にもポンコツなエピソードは多々知っていますが、沸点の低さも存じ上げていますので、この程度で(笑)

 

床屋政談の域を出ない方が果たしてどこまでできるのか…お手並み拝見です。

独身を気にされていましたが、くれぐれもTikTok経由でハニートラップなどにかからぬように…あれ、消費者大臣がTikTok使ったら燃えた党ってどこでしたっけ。

 

それはそうと、区長はどうなるのか。

多選批判で「LOVE北区」というド派手なシャツを着るのか、北区の名称変更を訴えるのかよくわからない、紳士協定もくそもないお笑い集団維新が漁夫の利を得ることがないように…

 

 

便利な街なのですが政治面だけはどうも不満のある区に、また不満が増えたというお話でした。

ここまでに。

勝ったと思えばいい

反省すべきことを反省して次に繋げられれば、と思います。フジテレビの呪い(どんな試合も0-0にする?)に打ち勝ちますよう。

 

一点苦言を呈するならば…

応援するチームが負けて悔しいのは分かるのですが、今の状況について、

「強豪ドイツに敗れてコスタリカに勝ったと思えばいい。」

こんな発言をした方がいる、この発言に救われる方々がいると耳にして、私は大変びっくりしています…

まあ情熱的なキャラクターを期待される立場なのは分かっていますが、敗者🇩🇪にも勝者🇨🇷にも礼を欠いていませんか?

 

某党の影響で受信料を巡る問題が癒えぬNHKですが…こうした中継等での言葉遣い、他国代表への礼を欠かないスタイルは、NHKでないと困るところです。

災害の速報性や選挙の正確性というところ同様、民放にはない要素です。

 

フジテレビのウルグアイ・韓国戦を見ていましたが、ある解説者が

「同じアジアの仲間の韓国を応援しましょう」

と呼びかけたのは嫌韓ではない私でも韓国贔屓、ウルグアイに失礼に思えました。

ポーランドサウジアラビア戦も同じように「同じアジアの〜」がありましたが、応援まで呼びかけてはなかった気がします。テレ朝のサッカー慣れ(経験値)は見習おう。

 

最終節がどうあろうと…仮にトーナメントに手が届こうと、他国に無礼を働きませんように。

ゴミ拾いする側、放送する側がゴミになってどうする。

 

 

大火事の方で目立たないのですが、大阪の麻雀🀄️の小火は拝見しています。脅迫は論外としても、咲で今更?とつい思ってしまいました。

f:id:aMikadoOnUSA:20221128161810j:image

どちらかというと「表現の自由」ってジャーナリストのお友達が多い、野党さんの旗印じゃないかと思いましたが…

まあいいや、あの方は変わらないのですね(笑)

 

何事もついつい怒ってしまいます…もう少し気楽に、ゆっくり生きたいものです。

ここまでに。

「勝っちゃうし」

まずはおめでとうございます。

 

戦術の分析を出来るほど目は肥えていませんが、猛攻を凌ぎつつ、上手く交代枠を使った攻めがハマった、でしょうか。

以前より遥かにブンデスリーガ経験のある選手が多かったのも、確実に追い風だったかと。

 

何より4度の優勝、ブラジル大会ではブラジルを7-1で屠ったドイツを下した自信は、一番の宝物ではないでしょうか。

終戦無敵艦隊、7-0でスタートを切っていることを思えば、次戦は中米相手でも引くわけにはいきません…この勢いで勝ち点をもぎ取ってほしいものです。

 

 

この大金星は正直、立場立場で引用して然りだと思っています。

 

野党なら「攻守交代だ、攻め切ってやる」

与党なら「残り15分、逆転を見せてやる」

 

これを引用したからといって、サッカーや代表を侮辱している!と騒ぐのは気にし過ぎと思います。

立場次第でリスペクトを欠いてるようにも見えてしまうやもですが…フラットに見れば、そうではないのかなと。

 

この程度の派閥の会合の軽口くらい、多めに見ても良いのでは?

フ◯テレビさん、プライムらしからぬニュースでちょっとガッカリしました(笑)

 

 

むしろ取り上げるべきは公職なのに「勝って残念!」と言ってしまった方でしょうか。

 

「人権問題で抗議活動をする国に勝ってほしい」と思うのは自由ですし、「皆が居住地・自国籍を持つ国を応援しなければならないというルールはない」もそのとおりです。

贔屓のスペインバルの店員さん(日本人)は勿論スペインを応援しています。ドイツで働く友人はドイツを…日本を応援することは誰一人強制していません。共産主義国家じゃないんだから。

 

ただ、思いが過ぎて「勝って残念」と吐き捨てるのは論外です。

90分超の激戦、スポーツ経験者ならばその間神経を張り詰める苦労はわかるはずです…

 

敗者に鞭を打つべきでないように(海外のコラージュも私には不愉快です)、勝者に対しても敬意を持って向き合っては?

それが分からないからいつまでも主役になれない、ということを自覚してほしいものです。

 

わざと主役にならず、無責任な批判役に徹して楽をしたいなら話は別なのですが…

ここまでに。

話題の候補たち

中央の話はもう語るのが疲れたので、地方の話をさせていただきます。

 

 

こんねこんね、宮崎〜」

私が幼い頃、宮崎県が観光に力を入れて可愛げのあるCMを流していたのを覚えています。

桃太郎電鉄」ではシーガイアリゾートが物件になったり、特産マンゴーは太陽の卵として売り出されたり…知識はあれど未だに上陸していない地なので、いずれ伺いたいところです。

 

そんな宮崎でも知事選、河野知事vs東国原前知事という注目のカードに、何やら変な方々が…

今度は賃貸借契約とかちゃんと書類書けたのでしょうかね。家賃って借りる側が貸す側に払うんですよ。覚えたかな〜?

 

…一個人の意見では、東京都の知事選に出るなどすっかり東京の人になったような方が、プロ野球の移籍の感覚で戻ってくるのは如何なものかとは思うところです。

が、これも地元県民の判断が第一。どんな結論が来月出るのかは期待したいところです。

 

 

北区の区長選にも、有名芸能人の方が。

 

花川與惣太(はなかわよそうた)区長は危ない区政運営はないのですが…御年87歳+5期目。前回も対立候補に高齢多選を攻められました。

後継候補を選ぶとしても、自立公社相乗りの候補なので、区議や都議の転身というのも難しいところです。その点では都合の良い弾ですが…

 

「恩返しがしたい」という思いがやや抽象的で、現時点では支え難いところです。

新曲やディナーショーの宣伝をしたり、居眠りをする度に募金宣言したり、地方にはリツイート感覚で成りすまし+誹謗抽象の文書を配布したり…な党なら、飛びつきそうですが。

 

勤務関係で選んだ居住地故に地元愛は弱く、衆院選では消極的に投票せざるを得ないのですが…

私も赤羽・王子・十条・田端・滝野川・浮間…地域を良くしたい一心で汗を掻く都議・区議や後援会を見てきています…そうした方々の判断をまず見守りたいものです。

 

ここまでに。

知事をめぐる戦い

各地のリーダー、知事を決める動きが色々と活発です。

 

現行憲法に「都道府県」の文字がなくとも…この国の国土の47分の1単位のグランドデザインを決める仕事。
与野党を問わず、皆がその舵取りに立ちたい、故郷に恩返ししたいという気持ちがあることは理解していますが…以下、感想を。

 

 

ある意味一番参議院らしい知恵の泉山本一太先生が再選を目指すとのこと。


外交安保・少子化対策・クールジャパン…今こそこの方に国政に戻ってきてほしい気持ちも無きにしも非ずですが、
故郷の為に汗を流したいという一心で、農林水産業・工業・観光等で光る上州のリーダーとして、引き続きワクワクさせてほしいものです。

 

いつかまた少年漫画の話ができたら…

るろ剣』、北海道編も面白いですよ。

 

 

一番の乱戦が見込まれるのは豊後大分でしょうか。安達議員に加え、岩屋議員、足立元議員、そして首長も…

 

後援者やご地元の皆様の民意が最優先であることは前提として、岩屋議員の出馬には消極的反対です。
お人柄(防衛省の知人曰く、腰の調子以外に心配事はない)は勿論ですが、衆議院議員でありながら両院の在り方について造詣が深く、

「他の院の選挙制度に口出しを控える」という謎の慣習にも面と向かって苦言を呈された方です。

 

兎角、今後の動きを見守りたいものです。

 

 

現職・飯泉知事の動きが見えませんが、予てより意欲有として衆議院の方と、三木議員のお名前を拝聴しておりました。
そして昨今、三木議員が意向を再度表明されたという話も聞き及んでいます。

 

こちらもお人柄は素晴らしいのですが…唯一の問題点は「現職の比例代表・特定枠の参議院議員」であることでしょう。

この方が知事選に出ても補欠選挙はなく、ただ「比例代表の議員がひとりいなくなった」で、名簿の次点議員が繰り上がる。
「合区」という投票価値の算数裁判のせいで導入された制度に対し、「特定枠」で緊急避難的に選出された徳島県代表…その椅子を明け渡すことは、「合区」解消が確定=徳島県代表が選べるようになってからすべきではないかと思うところです。

 

先の参議院憲法審査会も聞く機会がありました。やはり某党はブロック制を諦めておらず緊急集会他、参院も全国民の代表として「地方の府」議論をけん制してきました。

手ごわい相手になるでしょうが、法改正にせよ改憲にせよ、都道府県代表の位置付けは完遂すべき。


そのためにも、合区対象県の民意を届ける「国政上有為な者」の三木議員には、もう3年弱国政で戦ってほしいと思うばかりです。

 


物凄く分量が偏りました。ここまでに。